シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX701/憲法発展演習
(Progressive Seminar in Constitutional Law) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
憲法論を書く 
担当者 (Instructor) 岡野 誠樹(OKANO NOBUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) X309(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX701 



授業の
目標
Course
Objectives
本演習は、法学部において憲法の基本的な知識を習得した学生を対象に、人権・統治両分野における発展的な知識を定着させ、またその知識を応用して問題を解決し、説得力ある文章を作成する能力を獲得することを目標とする。 
This seminar is intended for students who have acquired basic knowledge of the constitution in the College of Law and Politics. The objective is to bestow upon such students advanced knowledge in the fields of both human rights and government structure, allowing them to solve problems with the application of said knowledge and gain the ability to write persuasively. 
授業の
内容
Course
Contents
 この授業は2年次生を対象とする。主に法曹志望者を念頭に置いた授業を行うが、それに限らず、法的に説得力のある文章を書けるようになりたいという学生であれば歓迎する。
 あらかじめ指定された教材に示された判例、あるいは設問等について、各自が分析し、解答し、そして文章を作成したうえで、授業に参加する。一部の回については、作成した文章を事前に提出することが求められる。また授業では、各自が予習してきた内容を発表し、授業参加者全員でこれを分析し、討論を行う。その過程において、各自の人権・統治に関する知識の応用力、そして文章作成能力を深めることとする。
 
 This class is for second-year students. While this class is primarily aimed at aspiring legal professionals, students who want to learn to write legally persuasive documents, etc., are also welcome.
 Learners are expected to prepare by analyzing precedents, answering questions from the textbook or casebook, and drafting notes. In some cases, it is required to submit essays, etc., in advance. Students will also give presentations on what information they have prepared, which will then be analyzed and discussed by all of the participants. Throughout this process, each member should work toward deepening their ability to apply their knowledge of human rights and government structure and their ability to write.
 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 法の下の平等(1) 
3. 法の下の平等(2) 
4. 公務員の政治活動の自由(1) 
5. 公務員の政治活動の自由(2) 
6. 表現の自由と名誉・プライバシー(1) 
7. 筆記テスト(1) 
8. 表現の自由と名誉・プライバシー(2) 
9. 経済的自由 
10. 統治機構論概観 
11. 生存権と財政 
12. 違憲審査と救済上の諸問題 
13. 総合演習 
14. 筆記テスト(2) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
あらかじめ指定された教材の判例を読んで分析するとともに、教材に示された課題に解答し、文章としてまとめておくことが要求される(週に3時間程度の準備が必要となるだろう)。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業内筆記テスト2回(60%) 、レポート(20%) 、授業における参加(20%)
テキスト
Textbooks
教材は、教員が毎回用意する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 棟居快行ほか  『基本的人権の事件簿〔第6版〕』   有斐閣  2019  9784641281479 
2. 笹田栄司ほか  『Law Practice 憲法〔第2版〕』   商事法務  2014  9784785722296 
3. 宍戸常寿  『憲法 解釈論の応用と展開〔第2版〕』   日本評論社  2014  9784535520462 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>※採用人数を更新しました(3月19日)
採用人数:5名程度(法曹コース所属学生を除く)
配当年次:2年次
選考方法:自動登録となる法曹コース所属学生以外については、レポートによる。
 ①題目:人権分野においてもっとも印象に残っている判例を簡単に紹介し、その理由を説明する
②字数:A4 1枚以内



※法曹コース所属学生優先のため、法曹コース所属学生以外の定員は、
法曹コース合格者発表後の3月19日に発表
※法曹コース所属学生は自動登録科目 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP