シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX702/民法発展演習
(Progressive Seminar in Civil Law) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
民法を通じて学ぶ法的文書作成法 
担当者 (Instructor) 幡野 弘樹(HATANO HIROKI)
本多 基記(HONDA MOTONORI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) 1204(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX702 



授業の
目標
Course
Objectives
民法の基本知識を定着させるとともに,その理解した内容を説得的に文章で表現する力を修得する。  
To firmly establish a basic knowledge of Civil law and give students the ability to convincingly express their understanding in writing. 
授業の
内容
Course
Contents
この授業は2年次生を対象とするものです。民法1,2,3,4(財産法)の分野について,具体的な事例を解決する際に必要な基本的知識を確認するとともに,学んだ知識を説得的に文章で表現できるようになるためのトレーニングを行います。本講座と並行して開講される民法2,4で学習する分野については授業の進行によって,2年次秋学期に開講される民法3については未修の分野を取り扱うことになりますが,重要な事項について,先取りして学ぶことになります。演習に近い形式の授業になります。
主に法曹コースの学生を念頭に置いた授業を行いますが,法曹コースの学生に限らず,法的に説得力のある文書を書けるようになりたいという学生も歓迎します。1年次に法曹志望者向けの法学基礎演習を受講していることを前提に授業を行いますが,法学基礎演習を受講していない学生でも意欲的な学生の参加を歓迎します。
各回の授業は,以下のような形式で行います。
1 毎回,事前に予習問題を配布しますので,受講生は予習を行った上で授業に参加します。
2 授業では,その予習問題を解決するために必要な知識について,講義形式で再確認をします。基本的な知識を共有した上で,あり得る解決策について,受講生との間での討論も行います。そして,自分の考えた解決策をどのようにして文章で表現するのか,どうすれば法的な意味で説得力のある文章になるのかについても検討を行います。
3 1学期に数回,予習問題に対する答案を提出してもらいます。それとともに,最終回に知識の定着度を確認するテストを行います。
法曹を目指したい,あるいは民法をより深く勉強したいという意欲的な学生の参加を期待しています。共通の目標を持つ仲間とともに有意義な時間を過ごせる場にしたいと思っています。  
This class is for second-year students. While confirming students have the basic knowledge necessary to resolve specific cases in the fields of Civil law 1, 2, 3, and 4, they will also receive training to allow them to persuasively express the knowledge they have learned in writing. Fields studied in Civil law 2 and 4, which are held in parallel with this course, will be touched upon based on the progress of the class, and fields that will be studied in Civil law 3, which will be taken in the fall semester of the second year, will also be discussed, so students will learn important matters in advance. The class is in a format similar to a seminar.

While this class is primarily aimed at students in the legal professional course, those who want to learn to write legally persuasive documents, etc., are also welcome. This course is based on the assumption that students have taken the first year Introductory Seminaron Law for aspiring legal professionals. However, we welcome the participation of motivated students even if they have not taken the Basic Law Seminar.

Each class is conducted in the following format.

1. Preparatory questions are distributed prior to each class, so students will participate in the class after preparing as necessary.

2. In class, students reconfirm the knowledge necessary to solve the preparatory questions in a lecture format. Basic knowledge is shared and possible solutions are discussed with the students. Students then consider how to express the solutions they have come up with in writing and how to make them convincing in a legal sense.

3. Students are asked to submit their answers to the preparatory questions several times throughout the semester. In addition, a test is conducted in the final class to confirm the degree of knowledge retention.

We look forward to the participation of motivated students who want to become legal professionals or who want to study Civil law on a deeper level. Let us make this a space where we can spend meaningful time with colleagues who share common goals.
 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 【総則】21条の詐術,制限行為能力者の取消しと現存利益 
3. 【総則】94条2項類推適用 
4. 【総則】表見代理 
5. 【物権】物権的請求権 
6. 【物権】共有 
7. 【物権】相続と登記 
8. 【債権各論】不当利得(転用物訴権) 
9. 【債権各論】不法行為(被害者側の過失) 
10. 【契約法】契約の成立・契約準備段階の過失 
11. 【契約法】売買(契約内容不適合など) 
12. 【契約法】賃貸借 
13. 【契約法】債権譲渡 
14. 最終テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
事前に予習問題を提示し、講義までに各自検討する必要がある。  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加態度(予習,発言の積極性)(30%) 、課題の提出(30%) 、最終テスト(Final Test)(40%)
テキスト
Textbooks
教材は教員が用意する。民法1,2,3,4で指定された教科書も適宜参照する。
参考文献
Readings
適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>※採用人数を更新しました(3月19日)
採用人数:8名(法曹コース所属学生を除く)
配当年次:2年次
選考方法:法曹コース学生はレポートなしに登録できます。法曹コース学生以外はレポートにより選考します。
  ①題目:①自己紹介(とりわけ1年次にどのような勉強をしてきたか)と②このゼミを参加するにあたっての抱負を説明してください。
②字数:500字から1000字


※法曹コース所属学生優先のため、法曹コース所属学生以外の定員は、
法曹コース合格者発表後の3月19日に発表
※法曹コース所属学生は自動登録科目
 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP