シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX850/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
比較法基礎理論研究 
担当者 (Instructor) 貝瀬 幸雄(KAISE YUKIO) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) 5213(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX850 



授業の
目標
Course
Objectives
法学の学習に必要な外国法についての基礎知識を修得するために、ツヴァイゲルト/ケッツ『比較法概論 原論(上)(下)』およびアメリカを代表する比較法学者であるマティアス・ライマンの業績を参加者が報告レジュメを準備の上で報告する。適宜英語文献も講読する。 
In order to master the basic knowledge of foreign law, which is required for legal profession, we will read intensively The Introduction to Comparative Law written by Prof. Zweigert/Kotz、Mathias Reimann’s articles on comparative law, and discuss about it .

 
授業の
内容
Course
Contents
演習の前半は、ツヴァイゲルト/ケッツ『比較法概論 原論(上)(下)』(東京大学出版会)のフランス、ドイツ、英米の章を、各自レジュメを準備の上で報告する。同書は品切れのため、演習の最初にその一部のコピーを配布する。演習の後半は、マティアス・ライマン『歴史法学派とコモン・ロー』について私が執筆した論稿と、ライマンが『国際比較法エンサイクロペディア 比較法』に寄稿した比較法概論(英文)を検討することとする。 
The first part of this seminar, we will read chapters on French, Germann, English and American Laws in The Introduction to Comparative Law written by Prof. Zweigert /Kotz , and discuss about them. The second part of this seminar, we will read the outlines of comparative law prepared and contributed by Prof. Mathias Reimann for The International Encyclopedia of Comparative Law.
 
授業計画
Course
Schedule
1. フランス法の歴史 
2. フランス民法典の精神と本質的特徴 
3. フランス民法典の継受 
4. フランスとイタリアにおける裁判所構成法と法律職 
5. ドイツ法の歴史 
6. ドイツ民法典 
7. オーストリア一般民法典とスイス民法典 
8. イギリスにおけるコモン・ローの発展 
9. イギリスにおける裁判所構成法と法律職 
10. 世界におけるコモン・ローの伝播 
11. アメリカ合衆国の法 
12. コモン・ローおよび大陸法における法発見の方法 
13. 信託: 英米法圏の様式の典型的制度 
14. 前半のまとめ 
15. マティアス・ライマンの比較法学 
16. 歴史法学派とコモン・ロー(1) 
17. 歴史法学派とコモン・ロー(2) 
18. 歴史法学派とコモン・ロー(3) 
19. 歴史法学派とコモン・ローの周辺 
20. Mathias Reimann, Comparative Law を読む(1) 
21. Mathias Reimann, Comparative Law を読む(2) 
22. Mathias Reimann, Comparative Law を読む(3) 
23. Mathias Reimann, Comparative Law を読む(4) 
24. Mathias Reimann, Comparative Law を読む(5) 
25. ヨーロッパ民事訴訟法史論(1) 
26. ヨーロッパ民事訴訟法史論(2) 
27. ヨーロッパ民事訴訟法史論(3) 
28. 全体のまとめと講評 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
配布する資料を予め読み、担当者はレジュメを準備の上で報告する。英文資料は平明な英語で書かれているため、特に臆する必要はない。参加者は、比較法の講義を聴講するか、貝瀬『比較法学入門』(日本評論社)を通読しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告レジュメ(50%) 、質疑応答(50%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 貝瀬幸雄  比較法学入門   日本評論社  2019   
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数:10名程度
配当年次:2年次以上
選考方法:レポート
  ①題目:この演習を希望する理由・動機
②字数:1000-1500字程度
演習論文:なし 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP