シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
EX851/演習
(Seminar) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
近時の最高裁判例の分析 
担当者 (Instructor) 松戸 浩(MATSUDO HIROSHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) 9301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LPX4910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) その他登録 
テキスト用コード (Text Code) EX851 



授業の
目標
Course
Objectives
行政法は他の法分野と比べ、授業では抽象的な理論が展開される傾向が強いが、本演習では近時の最高裁判例を素材として、具体的な事案に対する行政法の適用を学び、以て現実社会に妥当する行政法の在り方を理解することを目標とする。 
Compared to other legal fields, administrative law tends to develop abstract theories in the lecture. In this seminar, we will study the applocation of administrative law to specific cases using recent Supreme Court precedents, with the aim of understanding the nature of administrative law as it applies to the real world. 
授業の
内容
Course
Contents
注目される近時の最高裁判例を受講者に割り当て、報告してもらう。その上で議論を行ない、解決できなかった論点につき、報告者が次週の回でその検討結果を報告する。従って報告は連続する2週で同一の受講者が担当することになる。 
I will assign recent Supreme Court cases of interest to each student and ask them to report on them. We will then discuss the cases, and the presenters will report the study results of the unresolved issues in the next week`s session. Therefore, the same student will be in charge of reporting for two consecutive weeks. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス・打ち合わせ 
2. レポートの仕方・必要事項の確認 
3. 判例報告 
4. 前週の議論を受けた再報告 
5. 判例報告 
6. 前週の議論を受けた再報告 
7. 判例報告 
8. 前週の議論を受けた再報告 
9. 判例報告 
10. 前週の議論を受けた再報告 
11. 判例報告 
12. 前週の議論を受けた再報告 
13. 判例報告 
14. 前週の議論を受けた再報告 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
割り当てられた報告を、文献などに当たった上で準備すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告の内容、議論への積極的参加(100%)
テキスト
Textbooks
行政法1・2の講義で用いた教科書及び判例集を毎回使用する。その他参考文献は適宜指示する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<選考方法>
採用人数:12名
配当年次:3,4年次
選考方法:レポート
  ①題目:演習に期待すること及び行政法で興味のあるテーマ
②字数:A4一枚程度
演習論文:実施しない

行政法1,2をいずれも履修済又は演習開講中に履修すること(単位取得の有無は問わない) 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP