シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
法と社会                        新座(Niiza)
(Law and Society) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
二重課税を通じて社会を考える 
担当者 (Instructor) 浅妻 章如(ASATSUMA AKIYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目
法学部所属学生随意科目(卒業要件単位に含むことはできない) 
テキスト用コード (Text Code) FB003 



授業の
目標
Course
Objectives
法律と租税を通じて、公平と効率性について考え、社会について考える。 
We will, through studying law and tax, consider equity and efficiency and consider society. 
授業の
内容
Course
Contents
 租税法は法学部の中でも比較的難しい科目と位置付けられていますが、この科目は、高校卒業程度の知識で理解できるように設計されています。税金について扱いますが、会計の知識などは必須ではありません。税金について扱いますので、計算問題を幾つか扱いますが、殆どが四則演算レベルです。最も難しい計算でも、文系数学までの知識を前提とします。
 世の中の殆どの人は、租税について不満を抱えていると思います。二重に課税されているのではないかと一見思われるような租税に直面すると、更に不満は高まることでしょう。しかし、税制に限らず、殆どの社会の制度は、人類が長年あーでもないこーでもないと苦心して作り上げてきた叡智の結晶です。税制ももちろん、叡智の結晶です。一見不合理に思われる税制にも、勉強していくとそれなりの正当化理由があったりします(逆に、一見合理的に思われる税制にも、正当でないとする理由があったりもしますが)。この科目では、二重課税をテーマに、税の公平と効率性について考えること、ひいては、望ましい社会のあり方について考えることを、目指しています。 
 Tax law is regarded as a relatively difficult subject in the College of Law and Pplitics, but this course is designed so that students can understand tax law with knowledge of high school students. Although the course deals with taxation, knowledge of accounting is not required. As this course deals with taxation, there will be some calculation problems, but most of them will be at the level of arithmetic operations. Even the most difficult calculations require a knowledge of high school mathmatics for "Bunkei".
 Most people in the world are unhappy about taxation. This frustration is heightened when faced with a tax system that at first glance seems to be double taxation. However, most social systems, not just the tax system, are the product of the wisdom of human beings who have struggled for many years to find the right way to do things. Taxation, of course, is also a product of wisdom. Even seemingly unreasonable taxation systems have their justifications when we study taxation, and vice versa. In this course, we will, through studying double taxation, consider equity and efficiency of taxation and, by extension, the desirability of a society. 
授業計画
Course
Schedule
1. ホームラン・ボールを拾って売ったら二回課税されるのか? 
2. 生命保険年金受給権に相続税を課すのに、さらに所得税も課すのか? 
3. 公平と中立性との違い 
4. 所得税があるのに相続税も課すのはおかしいのではないか? 
5. 家族を扶養したら、寄附金と同じように所得を分割できるのか? 
6. 利子に課税しないほうが中立・公平である、という考え方は金持ち優遇とは別 
7. 資産課税も利子課税と同様の二重課税を含んでいる 
8. 法人所得課税と個人所得課税の二重課税を調整する方法はない1 
9. 法人所得課税と個人所得課税の二重課税を調整する方法はない2 
10. 今年黒字なのに税金を納めない輩がいるのは、けしからん? 
11. 消費税(付加価値税)の納税義務者を規定しても負担者は分からない 
12. 外国で納めた税額について日本で二重課税を救済する 
13. 貧しい人に低価格で保育や教育を提供すべきか? 
14. 才能を測定できるなら才能に課税すべきか? 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
講義開始前に教科書を一章(第8章は2回に分かれます)ずつ読んでおいてください。
講義の中で、読んだだけでは分かりにくい箇所について説明していきます。
講義を受けてから、教科書を読みなおすことで、理解が深まると思います。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 浅妻章如  『ホームラン・ボールを拾って売ったら二回課税されるのか』   中央経済社  2020  978-4502331718 
その他(Others)
この科目はオンライン(zoomを予定しています)で実施します。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
http://www.rikkyo.ne.jp/web/asatsuma/ に過去問も載せています。ただし、全カリを担当するのは久しぶりなのであまり参考にならないかもしれません。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP