シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
いのちの尊厳と福祉を考える               新座(Niiza)
(The dignity of life and Welfare) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
シェアライフ入門:シェアとコミュニティ 
担当者 (Instructor) 権 安理(GON ANRI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目 
テキスト用コード (Text Code) FB013 



授業の
目標
Course
Objectives
新しいライフスタイル,もしくは人と人のつながり方としてシェアを考える。シェアを通じたコミュニティ形成や,シェアに関係する様々な事例を知る。 
Students will learn about “share” as a new lifestyle or a way of connecting people. Students will learn about the community formed by share and will know various cases related to share. 
授業の
内容
Course
Contents
近年,シェアという概念が注目されている。シェアハウス,シェアリングエコノミー,シェアオフィスなど,様々な場面でシェアに関することを見聞きする。シェアは新たなコミュニティを形成するのか。新たなビジネスモデルに過ぎないのか。本講義ではシェアについて,人と人の新たなつながり方,もしくは新しいライフスタイルという観点から考えていく。このような関心から,シェアについて原理的・歴史的に考察する。また,シェアに関する様々な事例を知ることを通じて,シェアの可能性と課題を検討する。キーワードは,シェア,コミュニティ,ライフスタイル,公共生活,サード・プレイスなど。 
In recent years, the concept of share has been attracting attention. We see and hear about “share” in various situations such as shared houses, sharing economies, and shared offices. Will share form a new community? Is it just a new business model? In this lecture, we will consider share from the perspective of a new way of connecting people or a new lifestyle. Based on this interest, we will consider share in principle and historically. In addition, we will examine the possibilities and issues of share by learning about various cases related to share. Keywords: Share, Community, Lifestyle, Public Life, Third Place. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 私有からシェアへ 
3. 個人化と新しいつながり① 
4. 個人化と新しいつながり② 
5. シェアの概念 
6. シェアの事例①:シェアハウス1 
7. シェアの事例②:シェアハウス2 
8. シェアの事例③:その他 
9. シェアの事例④:その他 
10. シェアの事例⑤:その他 
11. シェアの事例⑥:その他 
12. パブリック・ライフについて① 
13. パブリック・ライフについて② 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要に応じて,授業内に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 80  %  
平常点(In-class Points) 20  %
リアクションペーパーと授業態度(20%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
コミュニティ福祉学部コミュニティ政策学科の教員が担当する講義である。写真を図表を多く用いた初学者向けの講義をするが,シェアに関する理論や事例,またシェアが生み出す新しいライフスタイルやコミュニティに興味関心がある学生を求めている。空き時間を埋めるために履修するのではなく,講義内容に興味を持って真面目に授業を受ける学生を期待している。なお,講義の内容や順番は,状況に応じて変更する可能性がある。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP