シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
コミュニティをデザインする               新座(Niiza)
(Design for the community) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
医療保険「一部負担」の根拠を追う
Understand the role of "partial costs," of the Medical insurance 
担当者 (Instructor) 芝田 英昭(SHIBATA HIDEAKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 5時限(Period 5) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目 
テキスト用コード (Text Code) FB014 



授業の
目標
Course
Objectives
通常、医療保険には「一部負担(或いは患者負担)」が存在することが当然だと考える人は多い。しかし、一部負担の根拠に関し、「厚生白書」「厚生労働白書」全てを調べても、必ずしも正確な答えは得られない。では何故、根拠の明確でない「一部負担」が存在するのかを、基本的人権や健康自己責任論から考える。 
Many people assume health insurance will at least partially pay for medical care. However, even if we examine all of the White Paper on Health and Welfare or White Paper on Welfare and Labor regarding the basis of the partial costs, an accurate answer cannot always be obtained. We consider the lack of clarity on "partial costs" through the lens of basic human rights and health self-responsibility theory. 
授業の
内容
Course
Contents
各年度版厚生白書(厚生労働白書)の医療保険に関する記述を解説し、「一部負担」の位置付けを理解する。「一部負担」の実態に関して理解を深め、一部負担がなくても「医療保険」が運営できることを学ぶ。 
In this course, students will be able to explain the medical insurance statement in each fiscal year's White Paper on Health and Welfare and understand the role of "partial costs," deepening their understanding of the concept and learning that public medical insurance can be operated without partial costs. 
授業計画
Course
Schedule
1. 健康は自己責任か 
2. 医療保険「一部負担」の意味とは 
3. 厚生白書(厚生労働白書)に見る医療保険「一部負担」記述の変遷・・・1950年代厚生白書 
4. 厚生白書(厚生労働白書)に見る医療保険「一部負担」記述の変遷・・・1960年代厚生白書 
5. 厚生白書(厚生労働白書)に見る医療保険「一部負担」記述の変遷・・・1970年代厚生白書 
6. 厚生白書(厚生労働白書)に見る医療保険「一部負担」記述の変遷・・・1980年代厚生白書 
7. 厚生白書(厚生労働白書)に見る医療保険「一部負担」記述の変遷・・・1990年代厚生白書 
8. 厚生白書(厚生労働白書)に見る医療保険「一部負担」記述の変遷・・・2000年代厚生白書 
9. 厚生白書(厚生労働白書)に見る医療保険「一部負担」記述の変遷・・・2010年代厚生白書 
10. 医療保険「一部負担」に関する先行研究 
11. 一部負担の受信抑制と世界のトレンド 
12. 医療保険の保険料・一部負担の未来展望 
13. 人間の尊厳と社会保障 
14. 人権としての社会保障と能力の共同生 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必ず事前にテキストを読んでおくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
個人或いはグループ発表:40%(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 芝田英昭著  『医療保険「一部負担」の根拠を追う』   自治体研究社  2019  9784880376967 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP