シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
スペイン語圏の社会                   新座(Niiza)
(Society in the Spanish-speaking sphere) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
求心力と遠心力の狭間で 
担当者 (Instructor) 飯島 みどり(IIJIMA MIDORI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 1時限(Period 1) N214(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) FB022 



授業の
目標
Course
Objectives
スペイン語圏の実相を求心力/遠心力の両方向から観察し,日本において誤解されがちなこの社会への認識を鍛える。 
Students will observe the realities of the Spanish-speaking world from both centripetal and centrifugal and divergent forces, and train their perception of this society that is often misunderstood in Japan. 
授業の
内容
Course
Contents
このところ「カタルニア独立」が話題となったように,スペイン語圏にはこれをまとめる求心力と独立などの形をとって噴出する遠心力とが働く。過去の例を通し,ふたつの力の狭間にある社会の特色を見出す。 
As "Catalonian independence" has become a talking point recently, in the Spanish-speaking world, there are centripetal force that works to integrate their members into a certain entity as well as centrifugal force that erupts in forms such as independence. Through historic examples, we will find the characteristics of the society between these two forces. 
授業計画
Course
Schedule
1. 世界史上における「スペイン語」の位置づけ 
2. 求心力――言語 
3. 求心力――宗教 
4. 求心力――時空間認識 
5. 求心力――地域統合 
6. 遠心力――言語 
7. 遠心力――宗教 
8. 遠心力――時空間認識 
9. 遠心力――地域偏差 
10. 独立への道 その一 
11. 独立への道 その二 
12. 二百年目の収支バランス その一 
13. 二百年目の収支バランス その二 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
地図帳(グーグル地図ではない)を普段から眺めておく。首都圏で開催されるスペイン語圏関連の催しを学期中適宜紹介するので利用すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 81  %  
平常点(In-class Points) 19  %
各回授業の理解度(19%)
テキスト
Textbooks
必要な資料は適宜配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 帝国書院編集部編  『新詳高等地図』   帝国書院  2000年代のもの   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
「カタルニア独立」をめぐる動きについては各自The Guardian,New York Timesなどで情勢把握しておく。
できる限り対面授業とし、状況の悪化によりオンライン化を選択せざるを得ない場合に限り教室からの配信とする。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP