シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
法と社会
(Law and Society) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
比較法とグローバリゼーション 
担当者 (Instructor) 貝瀬 幸雄(KAISE YUKIO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目
法学部所属学生随意科目(卒業要件単位に含むことはできない) 
テキスト用コード (Text Code) FB107 



授業の
目標
Course
Objectives
法学の学習に必要な外国法についての基礎知識を修得するために、比較法の方法、比較法の隣接諸分野、法族論、法とグローバリゼーションなどのテーマを学習する。特にグローバリゼーションが比較法に及ぼす影響に注目する。不十分であるが、法学入門としての役割も果たしたい。 
In order to acquire fundamental knowledge concerning foreign law which is required for the study of law. Students in this course will study the methods of comparative law, areas adjacent to comparative law, the doctrine of legal families, law and globalization, and other topics. 
授業の
内容
Course
Contents
担当者が執筆したテキストブックを用い、その内容について詳しく講述する。比較法の基礎理論すなわち比較法原論が講義の中心となる。講義の後半は、比較法学各論として、アメリカ比較法学を代表するマティアス・ライマンの比較法史研究を取り上げるとともに、ヨーロッパ民事訴訟法史にも論及したい。 
This course will use the textbook written by the faculty member in charge, who will explain the contents in detail. The lectures will focus on the basic theories of comparative law. The second part of this lecture, I will analyze the study of comparative legal history by Prof. Mathias Reimann, or the history of European civil procedure. 
授業計画
Course
Schedule
1. 比較法学の意義 
2. 比較法と隣接諸分野(1) 
3. 比較法と隣接諸分野(2) 
4. 比較法の方法(1) 
5. 比較法の方法(2) 
6. 法族論(1) 
7. 法族論(2) 
8. 法族論(3) 
9. グローバル比較法学(1) 
10. グローバル比較法学(2) 
11. 歴史法学派とコモン・ロー(1) 
12. 歴史法学派とコモン・ロー(2) 
13. ヨーロッパ民事訴訟法史論(1) 
14. ヨーロッパ民事訴訟法史論(2) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
まずはテキストを読んできていただきたい。復習は丹念に行うこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 貝瀬幸雄  『比較法学入門』   日本評論社  2019   
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP