シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
グローバル社会における法と政治
(Law and Politics in Global Society) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
法と国際社会 
担当者 (Instructor) 許 淑娟(HUH SOOKYEON) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) FB113 



授業の
目標
Course
Objectives
国際法は国際社会のルールの一つです。国際社会に住む一人ひとりの人間として、国際社会を動かすルールである国際法とはなにか、その国際法を私たちが活用したり働きかけたりできるのかという観点から、国際法を学びます。国際法を学ぶことを通じて、国際社会とは何か、国際社会を形作る国家とはなにか、国家に帰属する自分とは何かを考えることが本授業の最終的な目標です。 
International law is the international community's set of norms and rules. This course will enable students to think about the purpose of the international community, the definition of states, and the roll of different nationalities in the international community. 
授業の
内容
Course
Contents
メディアで「国際法」という言葉を聞くことも多いと思います。国際法では一体どうなっているんだろう、何が国際法的に「正しい」のだろう、と疑問に答えるために、まずは、「そもそも国際法とは?」というレクチャーを前半で行います。国際法とはどうやってできたのか、国際法とはどういう特徴をもつものなのか、国際法の仕組みについて、「どうして国は法を守るのか、どうして国際法があるのか」という観点から、指定の教科書に沿って、学びます。そうしたレクチャーを踏まえて、授業の後半以降は、日々、ニュースで接する国際問題について具体的な事例に即して、国際法が用意している制度を学びます。その分野については、やはり指定の教科書の順番に依拠します。
教科書は必ず購入してください。 
We often hear the word "international law" in the media, but not many people know the term's exact definition "international law." Faced with various international or transnational issues, we often ask ourselves how to evaluate these cases in terms of international law or whether the actions of state are "right" in international law. To answer these questions, this course will start with lectures on "what is international law?" in the first half of the course. Students will learn how international law was established, what kind of characteristics international law has, and the mechanisms of international law, from the viewpoints of "Why do States obey international law? Why does international law exist?" Following these lectures on basic concepts, in the second half of the course, students will learn the specific systems provided by international law such as international environmental law, international human rights, refugee rights. etc. In the second half of the course, especially, there will be an emphasis on question- and discussion-based learning. Students will be required to prepare by reading the textbook in advance and searching for questions concerning international issues that interest them. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 国際法はどのように発展してきたのか 
3. 現代国際法はどのような特徴を持っているか? 
4. 国際法はどのように創られ、どのように適用されるか? 
5. 主権国家はどうなるの?―現代国際法と国家の位置― 
6. 地球の空間はどのように配分されているか? 
7. 人権の国際的な保護の発展 
8. 地球環境の国際的な保護 
9. 国際紛争の平和的解決と国際裁判 
10. 安全保障の考え方 
11. 国際人道法の発展 
12. 国際社会における日本の役割 
13. 国際法と市民の役割 
14. 総括討論 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
事前に指定されたテキストを読み、気になった事項を検索してくること。
毎回、授業を受けた後に、本授業において学んだことや疑問について、200字程度でまとめ、次の講義時に提出すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
リアクションペーパー(質問コメント)(40%) 、複数回の授業内レポート(60%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 松井芳郎  『国際法から世界を見る(第三版)』   東信堂  2011  978-4-7989-0080-3 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 森川幸一(ほか)  『国際法で世界がわかる』   岩波書店  2016  9784000229555 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP