シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
現代社会の解読
(Understanding Contemporary Society) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
個人行動と社会構造 ―格差と社会階層研究 
担当者 (Instructor) 村瀬 洋一(MURASE YOICHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) MB01(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目 
テキスト用コード (Text Code) FB123 



授業の
目標
Course
Objectives
社会の特徴を分析するための実証的な社会学について,研究内容を学ぶとともに,理論や仮説の考え方を習得し,分析の考え方を理解することを目的とします。生きている現実の社会からデータを取って分析することは,難しくもあるが楽しいことです。ただ,分析の前に,自分で理論や仮説を書くことができるでしょうか。日本社会の特徴とは何か,説明できるでしょうか。大学での学問は,正解を暗記するのではなく,自分で真実を見つける能力が重要です。建設的な批判的精神を身につけてほしいと思います。 
The purpose of this course is learning the contents of empirical sociology and sociology research for analyzing the characteristics of the actual world, as well as learning the ideas of theory and hypothesis, and to understand the idea of analysis. Before beginning analysis, it is important to make your own theory. However, it is difficult for many students to write their own theories and hypotheses. It is also difficult but fun to take an original data from a living society and to analyze it. Can you explain what is the characteristic of Japanese society? The ability to discover the truth by yourself is important in academic research. I would like to acquire student having a constructive critical mind. 
授業の
内容
Course
Contents
世の中には様々な違いや格差があります。社会の構造は,人々の日常生活や行動にさまざまな影響を与えます。ミクロな個人行動はマクロな社会現象と関連があるでしょうか。例えば,人々はどのような場合に社会に問題を感じ行動を起こすでしょうか。また豊かな社会では人々の価値観は変わるでしょうか。政治や環境に関心を持つのはどのような人でしょうか。個々人が便利さを追求すると,社会全体では混雑現象や,汚染や環境問題が起きることがあります。このような問に対して,個人の行動をもとに,大規模な社会現象に取り組む研究は,行動科学と呼ばれます。世の中には様々な格差や違いがありますが,それを実証的に分析し,曖昧で抽象的な社会学でなく,科学的な分析法や研究法について理解することを重視します。科学的な社会調査についても解説します。 
There are various differences and inequality in the world. The structure of society has various influences on people's lives and behaviors. Is micro-individual behavior associated to macro-social phenomena? For example, under what situation do people feel problems with society? Will people's values change in a affluent society? Who is interested in politics and the environment and takes action? If individual pursuit convenience it could lead to pollution and environmental problems in macro level society. Research on these questions of a large-scale social phenomenon based on individual behavior is called behavioral science. There are various inequalities and differences in the current society. We analyze it empirically. It is important to understand scientific analysis and research methods, not vague and abstract sociology. We will also understand the scientific social research methodology. 
授業計画
Course
Schedule
1. 社会とは何か ―秩序問題と社会構造 
2. 社会構造の研究対象と研究法 
3. 理論や仮説の考え方 
4. 社会変動と価値観の変化 
5. 社会階層と不平等 
6. 社会移動と閉鎖的な社会 ―世襲や二世問題 
7. 社会的公正と衡平理論 
8. 集合行為とオルソン問題 
9. 環境問題と社会意識 
10. エスニシティ、異文化と社会構造 
11. 社会的性差と性別役割意識 
12. 政治意識とは何か ―各種の価値観と無関心 
13. 宗教と日本社会の変化 
14. 社会科学研究の問題点とは何か 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
社会調査結果のグラフなど資料をブラックボード資料ページで事前に配布するので,読んだ上で出席すること。授業内の提示資料は配布はしないので集中して取り組み,自分でノートを取ること。自分の手でノートを書くことはとても重要。また,新聞やニュース番組などを積極的に見て,現実の社会問題に興味を持ち,日頃から幅白く情報収集をすることを強くおすすめする。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
授業内小テスト(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 長谷川 公一 他  『社会学 新版』   有斐閣  2020   
2. 辻 竜平 他  『ソーシャル・キャピタルと格差社会―幸福の計量社会学』   東京大学出版会  2014   
3. 筒井 淳也 他編  『計量社会学入門―社会をデータでよむ』   世界思想社  2015   
4. 盛山 和夫 他編  『社会学入門』   ミネルヴァ書房  2017   
5. 数土 直紀 編  『格差社会の中の自己イメージ』   勁草書房  2018   
6. 橋本 健二  『新・日本の階級社会』   講談社  2018   
7. 吉川 徹  『日本の分断―切り離される非大卒若者たち』   光文社  2018   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
全回対面で実施し、社会調査結果の資料やグラフなどをもとに,小グループ討論も行う予定だが、その時の情勢によってはオンライン授業に切り替えることがある。全て出席し,自主的かつ積極的に取り組むこと。村瀬研究室ホームページに情報を掲載する。
https://www2.rikkyo.ac.jp/web/murase/ 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP