シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ドイツ語圏の社会
(Society in the German-speaking sphere) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
戦後ドイツの歩み 
担当者 (Instructor) 新野 守広(NIINO MORIHIRO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) FB135 



授業の
目標
Course
Objectives
第2次世界大戦の敗北から東西ドイツ分裂、冷戦、ベルリンの壁建設、壁崩壊、ドイツ統一と、激動の歴史を経験した戦後のドイツの歩みと現在の諸問題を検証する。 
This lecture will take up the history of Germany in the 20th century and its current problems after experiencing a turbulent history: From the defeat of World War II to the division of East and West Germany, the Cold War, the construction of the Berlin Wall, the collapse of the wall, and the reunification of Germany.  
授業の
内容
Course
Contents
第2次大戦後、冷戦の下で東西に分かれて出発した両ドイツは、異なった政治体制の中で40年あまりを過ごした後、1990年、やや性急ながらも再統一を実現した。しかしその後、経済は失速し、欧州の病人と呼ばれるまでに衰退したが、いくつかの改革とユーロ危機を経て、欧州における経済的政治的存在感を高めている。このようなドイツの戦後の歩みを検証する。ドイツはなお現在進行形である。授業の内容は変更することがある。 
After World War II, East- and West Germany spent more than 40 years in different political systems under the Cold War and then reunified in 1990. In 1990s the economy stalled and declined to the point of being called the sick in Europe, but after several reforms and the euro crisis, it has increased its economic and political presence in Europe. This lecture will take up such postwar history of Germany. Parts of the class contents are subject to change. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション ~ ドイツを学ぶ意義 
2. 戦前のドイツ 
3. 冷戦時代の東西ドイツ(1) ~ ゼロからの出発 
4. 冷戦時代の東西ドイツ(2) ~ 過去の克服 
5. 冷戦時代の東西ドイツ(3) ~ 1968年の意味 
6. 冷戦時代の東西ドイツ(4) ~ ベルリンの壁建設 
7. 冷戦時代の東西ドイツ(5) ~ 80年代の東西ドイツ 
8. ベルリンの壁崩壊から東西ドイツ統一へ 
9. 再統一後のドイツ(1)  
10. 再統一後のドイツ(2)  
11. ドイツの諸問題(1) ~ EUとドイツ 
12. ドイツの諸問題(2) ~ 「移民国家」ドイツ 
13. ドイツの諸問題(3) ~ 右傾化する社会 
14. まとめと振り返り 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に適宜指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度や課題・小テストなどの提出物(60%) 、レポート(40%)
テキスト
Textbooks
レジュメ等を適宜配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. ヨアヒム・ガウク  『ガウク自伝 : 夏に訪れた冬、秋に訪れた春』   論創社  2017年  9784846016678 
2. 新野守広, 飯田道子, 梅田紅子編  『知ってほしい国ドイツ』   高文研  2017年  9784874986332 
その他(Others)
その他、授業内で適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP