シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
立教ゼミナール2
(Seminars for Students of Rikkyo University 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
財務諸表から経営を読み解く 
担当者 (Instructor) 石田 惣平(ISHIDA SOUHEI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) D603(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2240 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目
定員30名 
テキスト用コード (Text Code) FB171 



授業の
目標
Course
Objectives
本講義の目標は、会社の事業構造や経営戦略を理解のスキルを身に着けることにあります。具体的には、財務諸表を読み解くための会計リテラシーを身に着け、会社の強みや弱みを検討するためのスキルを習得します。 
This lecture aims to provide students with the skills to understand the business structure and management strategies. Specifically, students acquire the accounting literacy to read and understand financial statements and the skills to examine the company's strengths and weaknesses. 
授業の
内容
Course
Contents
会計は事業の言語であり、企業活動を映し出す鏡ともいわれます。そのため、企業活動を分析・評価するためには会計の知識は欠かせません。本講義では、財務諸表を読み解くための会計リテラシーを身に着け、会社の強みや弱みを検討するためのスキルを習得します。各回の講義では、受講生にテキストの指定箇所を読んできてもらい、レジュメを作成してもらいます。そして、受講生が作成したレジュメをもとに、ディスカッションを行い、会計リテラシーを身に着けます。 
Accounting is the language of business and is said to be a mirror that reflects corporate activities. Therefore, knowledge of accounting is indispensable for analyzing and evaluating corporate activities. This lecture aims to provide students with the accounting literacy to read and understand financial statements and the skills to examine the company's strengths and weaknesses. Students must read the textbook's designated sections and prepare resumes for each lesson. They discuss based on the resumes to acquire their accounting literacy. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 会計リテラシー 
3. ウォーミングアップ・セミナー 
4. 財務諸表から事業の構造や戦略を読む① 
5. 財務諸表から事業の構造や戦略を読む② 
6. 実践財務諸表分析① 
7. 実践財務諸表分析② 
8. 実践財務諸表分析③ 
9. 財務諸表で意思決定 
10. 連結財務諸表を読む 
11. キャッシュ・フローを読む 
12. ビジネスプランを練る 
13. マネジメント・コントロールの基礎 
14. これからの会計管理指針 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
※1 グループワークが求められます。
※2 授業時間外の予習・復習が求められます。
※3 課題に取り組むことが求められます。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告内容(Report Content)(70%) 、貢献度(Contribution)(30%)
備考(Notes)
3回を超える欠席は、正当な理由がない限り成績評価の対象としません。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 山根節・太田康広・村上裕太郎  『ビジネス・アカウンティング〈第4版〉』   中央経済社  2019  450230641X 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
ホームページ:https://sites.google.com/view/souhei-ishida/home

授業形態:原則として全授業回対面実施予定 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP