シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
立教ゼミナール2
(Seminars for Students of Rikkyo University 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
データの活用と統計的思考力 
担当者 (Instructor) 山口 和範(YAMAGUCHI KAZUNORI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 6405(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2240 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目
定員30名 
テキスト用コード (Text Code) FB174 



授業の
目標
Course
Objectives
さまざまな領域において、エビデンスに基づく意思決定の必要性が指摘されている。この講義では、受講生が、講義とグループワークの演習を通じて、データの活用力と統計的思考力をアップすさせることを目標とする。具体的には、直面する課題解決のために、必要なデータを収集し、その分析を通じて、課題解決のための提案に結び付けることのできる力の要請を目指す。 
The necessity of evidence-based decision making has been pointed out in various fields. The goal of this lecture is to help students improve their ability to use data and statistical thinking through lectures and group work exercises. Specifically, the course aims to require students to be able to collect necessary data and analyze it to make proposals for solving problems. 
授業の
内容
Course
Contents
この授業は、講義と個人での分析実習、および、グループワークにより構成される。前半は、データを活用する意味やその具体的な方法、さらには分析ツールの使い方を学ぶ。後半は、4人程度のグループに分かれ、各グループが設定した課題に関し、データの収集やその分析と結果のとりまとめを行う。 
This class will consist of lectures, individual analysis practice, and group work. In the first half of the class, students learn the meaning of utilizing data, specific methods, and how to use analysis tools. In the second half of the class, students will be divided into groups of about four, and each group will collect data, analyze it, and summarize the results in relation to the issues set by the group. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入:対面で実施 
2. 身の回りの統計 
3. データから情報を読み取る:記述統計1 
4. データから情報を読み取る:記述統計2 
5. データを活用した推測:推定と検定1 
6. データを活用した推測:推定と検定2 
7. 因果へのアプローチ:相関と因果 
8. 大規模データの分析実習1 
9. 大規模データの分析実習2 
10. グループワークの準備:対面で実施 
11. グループワーク1:テーマ設定 
12. グループワーク2:分析実習 
13. グループワーク成果発表:対面で実施 
14. まとめと振り返り 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
Excelや統計分析ソフトのRを活用した実習を行う。その操作方法については、動画等の教材で各自で学習することが求められる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(25%) 、授業内のクイズ(7回)(35%) 、グループワークの成果(25%) 、中間レポート(15%)
テキスト
Textbooks
教科書は使用しない
参考文献
Readings
講義の際に紹介する
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
基本はオンラインでの講義となるが、初回、第10回、第13回は対面で実施する予定。また、分析の実習を行うため、パソコン(WindowsでもMacでもOK)が必須となる。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP