シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
大衆演劇の世界
(World of Popular Theatre) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 細井 尚子(HOSOI NAOKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 土曜日(Sat) 3時限(Period 3) MB01(Room)
春学期 (Spring Semester) 土曜日(Sat) 4時限(Period 4) MB01(Room)
春学期 (Spring Semester) 土曜日(Sat) 5時限(Period 5) MB01(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2110 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) FB194 



授業の
目標
Course
Objectives
東アジアの大衆的な芸態(演劇・演芸・ショー・芸能など)を取り上げ、娯楽市場をサンプルに、「近代化」と「グローバル化」の相違について考え、理解する。 
This course will focus on the popular arts of East Asia (theater, performing arts, shows, music, etc.). In this course we will take the entertainment market as an example to help students think about and understand the difference between "modernization" and "globalization". 
授業の
内容
Course
Contents
日本の近代化は、その手本である「西洋」に向かうという方向性をもつために、目標との距離によって評価されずに影を薄め、忘れられていったものも多い。しかしグローバル化の影響が浸透するに従い、こうした忘れられたものが復活する現象がみられるようになった。人々の日常生活の中にあった「行楽」としての大衆娯楽・大衆演劇もその内に含まれる。人々の身近な娯楽であり、消耗品でもある大衆的な芸態を通じて、近世文化と近代文化、近代化とグローバル化、各々の属性と相違について考える。 
As modernization of Japan tends to imitate “The West“, thus many things of Modernization in Japan are unrecognized, ignored or even forgotten due to the great distance between modernization of Japan and its target. However, as the influence of globalization have become stronger, these forgotten things are returning. These things include popular entertainment and popular theater which are called "recreation" in daily life. Popular types of performance are an entertainment, as well as a consumer products in life of ordinary people during early modern and modern times. In this course we will think about differences between early modern culture and modern culture, and differences between modernization and globalization through popular art forms. 
授業計画
Course
Schedule
1. 4月24日①大衆演劇ー日本の芝居における大衆演劇
下野歩・埋忠美沙・細井尚子 
2. 4月24日②大衆演劇ー劇団・劇場・興行
下野歩・埋忠美沙・細井尚子 
3. 4月24日③大衆演劇ー演者・観客
下野歩・埋忠美沙・細井尚子 
4. 5月15日①喜劇・軽演劇――歴史と背景
中野正昭・細井尚子 
5. 5月15日②喜劇・軽演劇を読み解く
中野正昭・毛利眞人・細井尚子
【※4/5:日付訂正】 
6. 5月15日③喜劇・軽演劇の世界+講師トーク・セッション、質疑応答
中野正昭・毛利眞人・細井尚子
【※4/5:日付訂正】 
7. 6月5日①女性演者による芸能史ー明治まで
濱口久仁子・細井尚子 
8. 6月5日②女優と少女歌劇の誕生と発展ー大正から
濱口久仁子・春日宏美・細井尚子 
9. 6月5日③松竹歌劇から見る西洋の「わたくし」化+講師トーク・セッション、質疑応答
濱口久仁子・春日宏美・細井尚子 
10. 6月19日①音楽と演芸の間:吉本興業とはなにか
輪島裕介・中野正昭・細井尚子 
11. 6月19日②道頓堀ジャズと服部良一:大大阪と大東亜
輪島裕介・中野正昭・細井尚子 
12. 6月19日③労音とドドンパ:戦後大阪の大衆的教養主義+講師トーク・セッション、質疑応答
輪島裕介・中野正昭・細井尚子 
13. 7月17日 日本の興行と娯楽市場―『松竹』を知る
細井尚子・岡崎哲也・濱口久仁子 
14. 7月17日講師トーク・セッション(総括)、質疑応答+教場レポート
細井尚子・岡崎哲也・濱口久仁子 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回教室で、適宜課題等指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業参加度(20%) 、リアクションペーパー(40%) 、教場レポート(40%)
備考(Notes)
出席回数が10コマ以上ない場合、成績評価を出す対象としない。
テキスト
Textbooks
適宜教室で資料を配布。
参考文献
Readings
必要に応じ、教場で示す。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
・本講座は1回3コマ集中(最終回7/13のみ2コマ)で行う。
・1回欠席すると、週1回授業の場合の3回欠席に相当するので気を付けること。 
注意事項
Notice
本科目は、担当教員の実務経験、または実務に従事するゲスト・スピーカーの招聘講義等を活かした授業である。 


PAGE TOP