シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
キリスト教美術
(Christian Art) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
美術における聖母マリア:聖母崇敬とイメージ・物語 
担当者 (Instructor) 黒岩 三恵(KUROIWA MIE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) FC123 



授業の
目標
Course
Objectives
中世以来、広く民衆の信仰を集めた聖母のイメージについて、説教集、説話集、奇跡譚等の俗語文献や聖書、聖歌等に依拠し、神の母という聖母の教義を基礎としながら多彩な広がりと奥行きを持つ聖母のイメージに親しみ、キリスト教美術の象徴性を理解する。 
We will become familiar with images of Virgin Mary, which have brought people together in Christian faith widely since the Middle Ages with a variety of breadths and depths while using the doctrine of Mary as the Mother of God as the base. We will rely on the Bible and chants as well as a range of vernacular literature such as sermons, exampla and miracles, etc., to understand the symbolism of Christian art. 
授業の
内容
Course
Contents
特に12世紀以降に隆盛をみた聖母への崇敬を反映する、慈しみの聖母、天后、エクレシア等の種々の呼称を持ち多彩な象徴性を帯びるに至ったマリアのイメージについて扱う。聖書の記述を出発点として、俗語で著された聖母の奇跡譚、聖母への祈祷文などのテクストを参照しながら、多様な聖母図像の意味と機能について多角的に考察する。 
In particular, we will deal with images of Mary, who came to take on diverse symbolism and who has had various names such as the Holy Mother of Mercy, the Queen of Heaven, and Ecclesia, which reflect the reverence for Mary which flourished from the 12th century. Using biblical writings as our starting point, we will consider the diverse meanings and functions of images of Mary from multiple perspectives, referring to texts such as the miracles of the Virgin written in the vernacular and prayers to the Mother of God. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス:授業の進め方、レポート課題と注意点、評価方法について 
2. 聖母と教会1:エクレシアとシナゴーガ 
3. 聖母と教会2:慈しみの聖母 
4. 聖母と教会3:タイポロジー・小エッセイ* 
5. 聖母の七つの喜び1 
6. 聖母の七つの喜び2 
7. 聖母の七つの悲しみ1 
8. 聖母の七つの悲しみ2:小エッセイ* 
9. 聖母の奇跡譚:聖母信仰の隆盛と民間信仰1 
10. 聖母の奇跡譚2 
11. 聖母の奇跡譚3 小エッセイ* 
12. 時祷書に見る聖母信仰 
13. 祈念画に見る聖母信仰 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に紹介した参考文献には目を通しておくこと。キーワードと典型的な聖母像の類型について、画集やウェブサイトなどを利用して理解を確かなものとすること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
小エッセイ(合計)(30%)
備考(Notes)
*小エッセイ課題は授業時に提示し、提出は期限内にBlackboardで行う。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 諸川春樹、利倉隆  『聖母マリアの美術』   美術出版社  1998  4568400457 
2. シルヴィ・バルネイ  『知の発見双書 聖母マリア』   創元社  2001  4422211552 
3. 石鍋真澄  『聖母の都市シエナ : 中世イタリアの都市国家と美術』   吉川弘文館  1988  4642072489 
4. フランソワ・ベスフルグ, エバーハルト・ケーニヒ  『ベリー公のいとも美しき時祷書』   岩波書店  2002  4000082256 
5. 新倉俊一, 神沢栄三, 天沢退二郎  『フランス中世文学集4 奇蹟と愛と』   白水社  1996  4560046034 
その他(Others)
参考文献のほか、講義で取り上げた美術作品など関連する図像のウェブサイトやデータベース等については、随時授業時に紹介していく。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP