シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
身近な物質の化学
(Chemistry of Familiar Materials) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
身の回りの原子・分子とその生活への関わり
 
担当者 (Instructor) 永野 修作(NAGANO SHUSAKU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2500 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目 
テキスト用コード (Text Code) FE113 



授業の
目標
Course
Objectives
私達の身の回りを物質という観点から見渡し、化学の原理(化学構造と性質、反応など)と物質への興味を深め、知識人として人類の生活と化学物質の関わりや環境問題(大気汚染、オゾン層破壊、エネルギー、温暖化、水質汚染など)を考えていくことを目標とする。 
Students will study the presence of material chemistry in daily life and also develop interests in the materials and the principles of chemistry. 
授業の
内容
Course
Contents
物質の観点から私達の身の回りをながめると、生命体を含めて、原子の結合体や分子の集合体に他ならない。本授業では、身の回りを物質の観点から捉え、身の回りの技術や現代が抱える課題を考えることにより、化学の原理と物質科学に対する興味を深めることを目的とする。 空気、 オゾン層、 地球温暖化、エネルギー・化学・社会、 水、 酸性雨、ナノテクノロジー、高分子、分子間力と分子認識、液晶をそれぞれ題材とした講義を行う。 
From the perspective of material chemistry, we can recognize all the things, including living things, as the aggregates of atoms and molecules. The purpose of this course is to consider the technologies and problems facing modern society and also to develop interests in the material chemistry and principles of chemistry. The course deals with the air, ozone layer, global warming, energy and chemistry in society, water, acid rain, nanotechnology, polymers, intermolecular force, molecular recognition, and liquid crystals. 
授業計画
Course
Schedule
1. 空気 
2. 大気汚染と化学変化 
3. オゾン層と分子の構造 
4. 光化学 
5. 地球温暖化 
6. 分子の振動 
7. 燃焼 
8. エネルギー 
9. 水 
10. イオンの化学 
11. 酸性雨 
12. 材料ナノテクノロジー 
13. 高分子 
14. 液晶 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
高校の化学を復習しておくことが望ましい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、毎回の授業内の演習(5点×14回)(70%)
テキスト
Textbooks
特になし、必要に応じて資料を配付する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 廣瀬 千秋(訳)  『実感する化学 上巻 地球感動編』   NTS  2015   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP