シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
立教ゼミナール5
(Seminars for Students of Rikkyo University 5) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
生物を科学的に理解する。 
担当者 (Instructor) 堀口 吾朗(HORIGUCHI GOROU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 土曜日(Sat) 1時限(Period 1) D601(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2540 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目
定員30名 
テキスト用コード (Text Code) FE171 



授業の
目標
Course
Objectives
普段の生活で耳にしたことがある話題を元に生命活動を科学的に理解し議論する能力を養う。 
This course aims to develop an ability to understand and discuss activities of organisms based on the topics students may know.  
授業の
内容
Course
Contents
普段の生活で疑問に思った生物に関する調査課題を選ぶ。その課題沿って少人数の研究グループに分かれる。グループの中で分担して課題を調査し、途中経過を議論しながら調査結果をグループごとにまとめあげる。最終的にパワーポイントを用いて研究成果を発表し、質疑応答を行う。従って、講義時間以外にも能動的に課題調査に取り組む姿勢が必要となる。調査の過程では、文献検索の方法、正しい文献引用の仕方について学習する。 
Students will select a research subject in relation to organisms for which they have some interests and questions. According to these subjects, students will be divided into small groups. In each group, students will investigate, discuss, and summarize about the research subject by sharing issues to be examined. Finally, the research results will be reported using PowerPoint and students will give questions and answers each other. Therefore, students will be required to have an active attitude to investigate their subject. During the course of research, students will learn how to search and cite scientific papers. 
授業計画
Course
Schedule
1. 研究テーマの設定と文献検索に関するガイダンス 
2. 研究テーマの決定・グループ分け 
3. 調査の経過発表と議論1 
4. 調査の経過発表と議論2 
5. 調査の経過発表と議論3 
6. 調査の経過発表と議論4 
7. 中間発表(前半) 
8. 中間発表(後半) 
9. 調査の経過発表と議論5 
10. 調査の経過発表と議論6 
11. 調査の経過発表と議論7 
12. 調査の経過発表と議論8 
13. 最終発表(前半) 
14. 最終発表(後半) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
限られた授業時間内で、グループ全員の調査結果を理解し、互いに十分な意見交換を行う必要がある。そのため、授業時間外に主体的な調査を行うとともに、グループメンバーに説明するための準備が必要である。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(40%) 、プレゼン(40%) 、最終レポート(Final Report)(20%)
備考(Notes)
3回以上の欠席はD評価とする。
テキスト
Textbooks
教科書は指定しない。
参考文献
Readings
授業内で紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
最低でもグループに1台のパソコンを使えるように、メディアセンターでパソコンを借りて授業に参加すること。授業時間外にテーマについて調査してきた資料はUSBメモリ等に入れて持参すること。  
注意事項
Notice
 


PAGE TOP