シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
大学生の学び・社会で学ぶこと              新座(Niiza)
(A Guide to Service Learning and Civic Engagement) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
市民として社会で「共に生きる」ための学び 
担当者 (Instructor) 藤井 満里子(FUJII MARIKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) N431(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP1100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目
学びの精神科目 
テキスト用コード (Text Code) FH024 



授業の
目標
Course
Objectives
大学での学修が、社会の現実を理解し、課題を発見するための基礎であることを学ぶ。また課題を解決するために、サービスラーニング(シティズンシップ教育)のアプローチから社会の課題に関わり、活動する視点や態度、その基本的な技術を習得することを目標とする。 
Students will learn that university study is the basis for understanding social reality and identifying issues. The course also aims to provide students with the perspectives, attitudes and basic skills to engage with and work on social issues through a service learning (citizenship education) approach. 
授業の
内容
Course
Contents
この科目は立教サービスラーニング(RSL)科目群のひとつである。RSLはコミュニティを理解し、コミュニティに関わる能力を習得することをとおしてシティズンシップ(市民性)を習得することを目的とする。授業の前半は「大学生の学び」の領域として、本学学生にとって4年間を過ごすコミュニティである立教大学の歴史、正課教育や正課外教育での学び、サービスラーニング(シティズンシップ教育)の役割と位置付け等について講じる。
授業の中盤は「社会で学ぶ」領域として、RSLが提供するフィールドで活動するゲストスピーカーからの講義を通して、社会的な課題と向き合いながら、市民としての役割を担い、「共に生きる」ことを意識付ける展開を行う。
後半は「社会で学ぶためのリテラシー」領域として、社会の現場で必要となる「聴く」「書く」「伝える」等の基本的な技術の学修も行う。
授業全体として、受講生どうしのディスカッションなどを行い、自ら考え、言葉にすることを重視するため、積極的な受講意欲と態度を求める。
本科目は全学共通カリキュラムにおける「学びの精神」科目群に位置し、初年次教育、RSL入門としての要素を持つ科目である。
※2020年度までの同担当者の同科目とは内容が異なるため、留意すること。 
This course is part of Rikkyo Service Learning (RSL), which aims to develop citizenship through an understanding of community and the ability to engage with it. The first half of the class will focus on the area of "University Student Learning". It will cover the history of Rikkyo University, the community in which students spend their four years of study, the curriculum as well as extracurriculars offered by the university, and the role and position of service learning (citizenship education).
The middle part of the class is dedicated to the area of "Learning in Society", in which guest speakers who are active in the fields provided by RSL will give lectures to raise students' awareness of their role as citizens and "living together" while confronting social issues.
In the second half of the course, students will learn basic skills such as listening, writing and communicating, which are necessary in the real world as part of the "literacy for learning in society" area.
The course as a whole is designed to encourage students to think and speak for themselves through discussion, so students are expected to have a positive attitude and willingness to learn.
This course is part of the "Spirit of Learning" course group in the General Curriculum, and has elements of first-year education and introduction to RSL.
The content of this course is different from the course by the same instructor until the 2020 academic year. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション
~授業のねらい、進め方、受講に際しての準備~  
2. 立教大学の建学の精神と立教大学での学び 
3. 正課外活動(授業外の活動)における立教生の学び 
4. 大学での学び方(正課教育)と立教生の学び 
5. サービスラーニングと立教生の学び 
6. 上級生の学びの体験から学ぶ 
7. 「大学生の学び」の領域の振返りディスカッション 
8. 社会にある課題-(事例1:格差社会のなかで共に生きるための支え合い) 
9. 社会にある課題-(事例2:地域資源や人を生かすための農業教育) 
10. 社会にある課題-(事例3:世界の貧困と社会で自立して生きるための支援) 
11. 「社会で学ぶ」領域の振返りディスカッション 
12. 社会で学ぶためのリテラシー1(社会課題を「発見」する際に必要な視点と技法) 
13. 社会で学ぶためのリテラシー2(社会課題を「伝える」ために必要な視点と技法) 
14. 授業総括とディスカッション 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
日頃から社会の出来事や課題に関心を持ち、関連する文献やニュース・新聞・雑誌記事に目を通しておくこと。  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 45  %  
平常点(In-class Points) 55  %
授業態度および毎授業時のリアクションペーパーの内容(55%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 逸見・原田・藤枝+RSLセンター   『リベラルアーツとしてのサービスラーニング-シティズンシップを耕す教育-』   北樹出版  2017年  978-4-7793-0530-6  
その他(Others)
参考文献
Readings
授業時に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
・原則として全授業回対面実施予定。
・Blackboardを使用するので、使用方法に習熟しておくこと。
・授業中に紹介する立教大学が行うプログラム、チャペルやボランティアセンターで紹介するキャンプ・ボランティア活動などに積極的に参加することを期待する。
・秋学期以降のRSL科目の履修を期待する。  
注意事項
Notice
 


PAGE TOP