シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
世界史の中のキリスト教
(Christianity in World History) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
<土着化論からみた日本キリスト教史①> 
担当者 (Instructor) ゾンターク,M(SONNTAG,MIRA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) M301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP1100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目
学びの精神科目 
テキスト用コード (Text Code) FH101 



授業の
目標
Course
Objectives
日本のキリスト教史(1549年-1873年)を概観し,その特徴を日本人研究者または外国人研究者がどう考えているかを考察することによって,キリスト教の土着化過程を追求する。 
In order to illuminate the idigenization process of Christianity in Japan the class will provide a general overview of its earlier history (1549-1873) and explain how Japanese and foreign scholars have interpreted it. 
授業の
内容
Course
Contents
世界史及びアジア史との関連を意識しながら、伝来当初から明治初期までの日本キリスト教の特徴と意義を考える。講義に合わせて,(英文のものを含む) 文献の批判的な解読を行う。この研究領域で使用される学術用語の理解の深化に特に力を入れる。学んだ歴史事情を映画・ドキュメンタリーを通して再確認する。
基本的に講義形式で進めるが,場合によって授業内での文献講読,グループ・ワーク,討論も行う。 
While keeping its connection to global and Asian history in mind, we will learn and think about the characteristics and significance of Christianity in Japan from the start of its transmission until the early Meiji period. In addition to lectures we will critically analyze related texts (English texts included). Special emphasis will be placed on the proper understanding of scientific terms used in this field. Although the class is generally conducted in the style of lecture, special tasks such as reading, group work or discussion may be included as well. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入:日本キリスト教研究史の特徴と本講義のアプローチ 
2. 日本へのキリスト教宣教の歴史的背景(1) 
3. 日本へのキリスト教宣教の歴史的背景(2) 
4. フランシスコ・ザビエルと「宣教」の発端 
5. 天下統一と南蛮貿易に対するキリスト教のインパクト 
6. 聖職者になった日本人の歩み 
7. キリシタン迫害における三つの選択肢 
8. 不干斎ハビアンの宗教観 
9. 『アジアの瞳』(映画)鑑賞 
10. キリシタン時代の神学思想 
11. 潜伏キリシタンの世界 
12. 排耶書に見られる反キリスト教言説 
13. 幕末期におけるキリシタン発見 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
予習・復習・指定文献の講読など。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
Blackboard で提示される資料・テキストの熟読および課題提出(50%)
テキスト
Textbooks
特に指定しない。
参考文献
Readings
必要に応じて提示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
遅刻、途中退室は認めない。 
注意事項
Notice
本科目は、担当教員の実務経験、または実務に従事するゲスト・スピーカーの招聘講義等を活かした授業である。 


PAGE TOP