シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
芸術への扉
(Stepping into the World of Art) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
美術と美術研究の展望 
担当者 (Instructor) 黒岩 三恵(KUROIWA MIE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) 5122(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP1100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目
学びの精神科目 
テキスト用コード (Text Code) FH132 



授業の
目標
Course
Objectives
美術史を中心とした近年の多様な美術研究の基礎を、美術史誕生の歴史を踏まえながら、方法論を中心として学ぶ。 
In this course, we will focus on learning the fundamental methodologies employed in various forms of art research in recent years, which have focused largely on art history. The material covered will have its origin in the events behind the formation of the field of art history. 
授業の
内容
Course
Contents
西洋美術を中心として、様式論、図像学などの古くからある研究方法から、美術と社会の関係、視像と言語の関係を経て、精神分析学、ジェンダー研究、ポスト・コロニアリズムといった新たな視座に基づく研究まで、大学において美術を研究するための展望を、主要な研究者を紹介し、方法論の解説と作品分析に基づく個別研究によって提示する。 
This course will focus on Western art, covering long-used research methods such as style theory and iconography. We will proceed to cover research based on newer perspectives, such as the relationship between art and society, the relationship between images and language, the study of psychoanalysis, gender research, and post-colonialism. We will introduce important researchers necessary for those who wish to study art at the university level. The course will be grounded in explanations of the methodologies employed and analysis of the works studied; to that end, individual studies will be presented. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス:美術研究の広がり 
2. 美術とは何か? 
3. 様式①様式の定義と問題意識 
4. 様式②彫刻を例として(古代ギリシャ・中世日本など) 
5. 様式③絵画を例として(西洋中世・ルネサンスなど) 
6. 様式④様式分析のテクストを読む 
7. 小エッセイ:課題作品の様式分析 
8. 美術作品と意味①:図像学とは 
9. 美術作品と意味②:イコノロジーとは 
10. 美術作品と意味③:イコノロジーに関するテクストを読む 
11. 小エッセイ:課題作品の図像学的な分析 
12. 美術作品研究の広がり:新しいアプローチ① 
13. 美術作品研究の広がり:新しいアプローチ② 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
美術研究の方法論に関わるキーワードは、きちんと理解すること。
そのことを前提として授業時に小エッセイを書いてもらう予定である。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
小エッセイ(30%) 、授業参加度(10%)
備考(Notes)
*小エッセイ課題は授業時に提示し、提出は期限内にBlackboardで行う。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
基本的な文献・ウェブサイト等については授業時に随時紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP