シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
法と政治の世界
(World of Law and Politics) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
取調べと自白から見る日本の刑事司法 
担当者 (Instructor) 川島 享祐(KAWASHIMA KYOSUKE)  
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) 7102(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP1100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目
学びの精神科目
法学部所属学生随意科目(卒業要件単位に含むことはできない) 
テキスト用コード (Text Code) FH141 



授業の
目標
Course
Objectives
取調べと自白に関する法的問題点を検討し,日本の刑事司法に対する理解を深める。 
The objective of this class is to examine legal issues related to interrogation and confessions, and to deepen the understanding of the criminal justice system in Japan. 
授業の
内容
Course
Contents
警察が被疑者に対する取調べを行い,自白を獲得するという光景は,みなさんもイメージすることができるのではないかと思います。このような捜査手法は,日本で広く用いられているものですが,自白を獲得しようとするあまり,捜査機関が不適切な方法で取調べを行えば,被疑者の人権を侵害したり,虚偽の自白を生み出してしまう危険もあります。
これまで,取調べやそれによって獲得される自白調書に過度に依存してしまっていることが,日本の刑事司法の宿根的な問題であると指摘されてきました。また,日本の刑事司法制度は「人質司法」であるという批判も存在します。
ただ,仮に日本の刑事司法制度に対して批判的な立場に立つにしても,まずは,その内容を正確に理解する必要があります。この授業では,法学を専門にしない人に対して,取調べと自白に関する基本的な知識を提供し,日本の刑事司法について自分の頭で考える機会を提供したいと考えています。 
You can probably imagine the scene where the police interrogate a suspect to obtain a confession. This type of investigation is widely used in Japan. But if the interrogation is conducted improperly, there is a risk of violating the human rights of the suspect or creating a false confession.
It has been pointed out that the excessive dependence on the interrogation and the confession obtained through the interrogation is a persistent problem of the criminal justice system in Japan. There is also a criticism that the criminal justice system in Japan is a "hostage justice" system.
Even if one takes a critical stance toward the criminal justice system in Japan, it is necessary to first understand its contents accurately. This course will provide students who are not majoring in law with basic knowledge about interrogation and confessions, and give them an opportunity to think about the criminal justice system in Japan by themselves. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 刑事訴訟法の基礎知識①――捜査から判決までの流れ 
3. 刑事訴訟法の基礎知識②――取調べと自白に関する法的規律 
4. 身体拘束を受けていない被疑者の取調べ 
5. 被疑者の身体拘束と取調べ① 
6. 被疑者の身体拘束と取調べ② 
7. 被疑者の身体拘束と取調べ③ 
8. 弁護人依頼権と取調べ① 
9. 弁護人依頼権と取調べ② 
10. 自白の証拠能力① 
11. 自白の証拠能力② 
12. 近時の改革と今後の展望① 
13. 近時の改革と今後の展望② 
14. 近時の改革と今後の展望③ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業前にレジュメを配布するので,その内容に目を通して予習をしてください。予習課題を設定することもあります。
授業後には,レジュメの内容や授業中にとった自分のメモを読み直しながら復習をしてください。
 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
授業前にレジュメを配布します。
参考文献
Readings
授業中に,復習用の参考文献を適宜紹介します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP