シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自然科学の探究
(Quest for Natural Science) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
数学・物理・化学における基本理念・方法論 
担当者 (Instructor) 青木 昇(AOKI NOBORU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 5時限(Period 5) 7101(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP1100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目
学びの精神科目 
テキスト用コード (Text Code) FH152 



授業の
目標
Course
Objectives
数学・科学の具体的題材を通して科学の成り立ち・現代社会における位置づけ・科学的思考法を学び、自然科学における基本的な理念や方法論を理解する。また、高度に発展していく自然科学に対するビジョンを得る。この科目は、導入期における「学びの精神」の科目群の1つである。 
Through learning specific topics in science and mathematics, students will learn about the history of science as well as its place in modern society. Students will also learn methods of thinking in a scientific manner, as well as basic fundamental principles and methodologies related to the natural sciences. Furthermore, students will gain a general vision of the natural sciences, which continue to develop at a high level. This discipline is part of the Introduction to Academic Studies subject group, which is part of one’s Introduction Phase. 
授業の
内容
Course
Contents
数学・物理・化学の3分野に対して、いくつかの基本となるテーマを通して、自然科学が過去から現在までにいたる大きな発展を導いた基本理念や方法論を学んでいく。数学ではフィボナッチ数列にまつわる話題、物理では宇宙・地球・物質の物理、化学では化学物質の分離技術や光化学、ナノテクノロジーを取り上げる。 個々の分野において、まずはその不思議さに驚き、そこに現れる興味深い性質を堪能し、自然科学に対する知的好奇心を励起して欲しい。これらの学習を通じて、自然科学の基本的な理念を理解し、高度に発展していく自然科学に対するビジョンを得ることができるであろう。
【2021年4月16日付 誤記訂正】 
Through the study of basic topics relating to mathematics, physics, and chemistry, students will learn the fundamental principles and methodologies that have spurred large advancements in the natural sciences from the past until the present. With regards to mathematics, the course will deal with topics relating to the Fibonacci sequence. In physics, we will touch upon space, earth, and matter. As for chemistry, we will discuss chemical substance separating method, photochemistry, and nanotechnology. For each individual field, the aim is for students to marvel at the wonders contained, to enjoy the interesting properties studied, and to excite their intellectual curiosity for the natural sciences. Through learning these specific topics, students will understand various fundamental principles in the natural sciences while gaining a general vision of these fields, which continue to develop at a high level.
【2021年4月16日付 英訳修正】 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 数学編:ピタゴラスと黄金比 
3. 数学編:フィボナッチ数列 
4. 数学編:石取りゲーム 
5. 数学編:石取りゲームとフィボナッチ数列、小テスト 
6. 化学編:分離化学 ~精密分離技術の発展~ 
7. 化学編:高分子の化学 ~身の回りの高分子からナノテクノロジーまで~ 
8. 化学編:発光の化学 ~生物や化学物質の発光メカニズム~ 
9. 化学編:小テスト 
10. 物理学編:原子・分子の世界 ~生命から宇宙まで~ 
11. 物理学編:宇宙はどこまでわかったのか 〜現代宇宙論への招待〜  
12. 物理学編:研究者の楽園南極 ~探検の時代から科学観測へ~ 
13. 物理学編:物理学と社会生活、小テスト 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
受講にあたり、数学・物理・化学についての特段の知識を前提としない。しかし、講義に啓発され、関連する高校で学習した分野を復習することで、多いに理解が進むであろう。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
リアクションペーパー、小テスト(50%)
備考(Notes)
毎回、リアクションペーパーを提出する。数学・物理・化学の分野ごとに小テストを行う。平常点は小テストの点数だけではなく、授業にのぞむ姿勢やリアクションペーパーの内容も加味する。
テキスト
Textbooks
なし。
参考文献
Readings
授業中に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
板書・プリント資料・視覚教材(スクリーン投影)を用いる。
提出されたリアクションペーパーについて次回授業時にフィードバックを行う。  
注意事項
Notice
 


PAGE TOP