シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自然科学の探究
(Quest for Natural Science) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
生命科学における基本理念・方法論 
担当者 (Instructor) 岡 敏彦(OKA TOSHIHIKO)
後藤 聡(GOTO SATOSHI)
花井 亮(HANAI RYO)
樋口 麻衣子(HIGUCHI MAIKO)
堀口 吾朗(HORIGUCHI GOROU)
眞島 恵介(MASHIMA KEISUKE)
松山 伸一(MATSUYAMA SHINICHI)
榊原 恵子(SAKAKIBARA KEIKO)
関根 靖彦(SEKINE YASUHIKO)
塩見 大輔(SHIOMI DAISUKE)
末次 正幸(SUETSUGU MASAYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) 7102(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP1100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目
学びの精神科目 
テキスト用コード (Text Code) FH154 



授業の
目標
Course
Objectives
生命科学における基本的な理念や方法論を理解し、日々高度に発展していく生命科学に対する知識やビジョンを得る。また、現代の生命科学に関する諸問題をよりよく理解するための、基礎を作る。 
This course is designed so that students will understand the basic ideas and methods in life science and grasp an overall vision of the ever-advancing science. They will also build the foundation on which to comprehend various issues involving modern life science. 
授業の
内容
Course
Contents
授業は理学部生命理学科の教員によるオムニバス形式で行い、各教員がそれぞれのテーマに関して解説する。生命科学を広く浅く知るのではなく、いくつかのテーマを深く理解するための内容を講義する。理解を確認するために、各授業の終わりに、リアクションぺーパーの提出、または、小テストを行うことを基本とする。 
This course will be given by instructors from the Department of Life Science, the College of Science, on the omnibus format. Each instructor will give a lecture related to their own area of research. This course does not aim to give students a broad and shallow knowledge of the field, but rather to give them an opportunity to understand a few specific topics. At the end of every class, students shall write a reaction paper or be given a short test for the assessment of their understanding. 
授業計画
Course
Schedule
1. 母からもらったミトコンドリア(岡) 
2. 分子としてのDNA(花井) 
3. つくって理解する生物学(末次) 
4. 植物の葉はなぜ平らなのか?(堀口) 
5. 植物の起源(榊原) 
6. 生体の不思議(1)(後藤) 
7. 生体の不思議(2)(後藤) 
8. アレルギー(眞島) 
9. 腸内細菌(松山) 
10. 生命の起源(塩見) 
11. 抗生物質耐性菌(関根) 
12. トランスポゾン;ゲノムを変える因子(関根) 
13. がんの生物学(樋口) 
14. まとめ(岡) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
講義の前に各自がテーマについて簡単に調べておくと授業の理解が深まる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
各回実施する小テストまたはリアクションペーパー(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
パワーポイントを用いた講義が中心である。
フィードバックは次回授業で行う。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP