シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
身体科学からの学び
(Learning from physical science) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
ジェンダー・スタディーズからの学び 
担当者 (Instructor) 佐野 信子(SANO NOBUKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) 7102(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP1100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降1年次入学者対象科目
学びの精神科目 
テキスト用コード (Text Code) FH156 



授業の
目標
Course
Objectives
近年、目覚ましい発展を遂げている学問分野の一つとして、ジェンダー・スタディーズが挙げられる。ジェンダーは現代社会を生きる全ての者に共通する概念であることから、その概念を正しく理解することを目標とする。                          
In recent years, gender studies has stood out as a discipline that has experienced spectacular growth. The goal of this course is for students to understand that gender is a concept shared by everyone living in modern society, and for students to accurately comprehend this concept.                          
授業の
内容
Course
Contents
ジェンダーの視点から自身の成育史を振り返り、各回のテーマと自らを結びつけて考察する。無用なジェンダー・バイアスから自らを解放し、よりよい社会づくりの一員となるために必要な知識を身につける。なお、各回のテーマを講義する際には、スポーツや学校体育に関する話題が中心となる。
 
Students will look back upon their growth from the standpoint of gender, examining each topic discussed by relating it to their own lives. Students will acquire knowledge necessary to liberate themselves from pointless gender biases, enabling themselves to become a person who can contribute to the formation of a better society. Subjects related to sports and school gym classes will play a leading part in each topic discussed in the lecture.
 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. ジェンダー概念の理解:ジェンダーって何? 
3. 身の回りのジェンダー・バイアス 
4. ‘history’or‘his story’? 
5. 隠れたカリキュラム(1) 
6. 隠れたカリキュラム(2) 
7. メディアとジェンダー(1) 
8. メディアとジェンダー(2) 
9. 食行動とジェンダー 
10. 男性学 
11. セクシュアル・マイノリティ 
12. ジェンダーの視点からみた「オリンピック・パラリンピック」(1) 
13. ジェンダーの視点からみた「オリンピック・パラリンピック」(2) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間内に限らず、授業で得た知識を日々の生活の中で活かすことが望まれる。それらの行動から本授業内容をさらに深められることを期待する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
リアクションペーパー兼授業態度(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
ジェンダーは「性」に深くかかわる概念である。従って、授業内で視聴する視聴覚資料の中には、性的な描写が含まれることもある。そのような資料を目にしたくない場合には、ガイダンス後に相談のこと。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP