シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
スポーツスタディ4
(Sports Study 4) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
はじめての和太鼓 
担当者 (Instructor) ライトナー(LEITNER KATRIN J.)
田中 泰秀(TANAKA YASUHIDE)  
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 土曜日(Sat) 1時限(Period 1) NTA1(Room)
秋学期 (Fall Semester) 土曜日(Sat) 2時限(Period 2) NTA1(Room)
秋学期 (Fall Semester) 土曜日(Sat) 3時限(Period 3) NTA1(Room)
秋学期 (Fall Semester) 土曜日(Sat) 4時限(Period 4) NTA1(Room)
秋学期 (Fall Semester) 土曜日(Sat) 5時限(Period 5) NTA1(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP1220 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 定員22名
集中講義 
テキスト用コード (Text Code) FI705 



授業の
目標
Course
Objectives
和太鼓の理解と演奏の実践を通して、日本の伝統文化の考え方と方法について理解するとともに日本文化及び運動文化としての和太鼓演奏の技術と方法について考究する。 
Through practice and performance of Wadaiko, students will deepen their understanding of the Japanese drums and learn about the concepts and methods of this traditional Japanese culture. Furthermore, students will explore techniques and methods of Wadaiko performance as Japanese culture and as a form of exercise. 
授業の
内容
Course
Contents
本授業では、初心者でも楽しく安全に行えるような、和太鼓の打ち方や基本動作、さらに、演奏に必要な基本的な技術を身に付ける。実技を通して和太鼓の文化的な享受能力を高めるとともに運動文化の一つとして体力向上や健康増進を図り、身体表現や自己表現の可能性を広げる。また、講義においては、日本の伝統文化である和太鼓の歴史と世界中の人々まで魅了する「日本の太鼓」の意義や考え方等について学び、幅広い学習を行う。 
This course, especially designed for beginners, will focus on practicing basic movements and techniques of the Japanese drums to acquire basic skills necessary for Wadaiko performance. Through practice and performance, students will enhance their abilities regarding the cultural enjoyment of Wadaiko, improve their physical fitness and health through Wadaiko as an exercise form, and finally expand their possibilities of body-expression and self-expression. In addition, lectures will introduce the historical background of Wadaiko as a traditional Japanese culture and the significance and way of thinking of the Japanese drums attracting people all over the world. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 講義①:和太鼓とは、和太鼓の歴史的経緯と伝統 
3. 実技①:心構え、バチの握り方、構え方 
4. 実技②:打ち方の基本-「点で打つ」&「地打ち」 
5. 講義②:世界中の人々を魅了する「日本の太鼓」の意義や考え方 
6. 実技③:打ち方の基本-「音の出し方」 
7. ワークショップ:「みんなで課題曲を作りましょう!」 
8. 実技④:演奏の基本的な技術-「強弱をつける」 
9. 実技⑤:演奏の基本的な技術ー「音と振り」 
10. 演奏会の企画 
11. 演奏会のリハーサル 
12. 演奏会の準備&リハーサル 
13. 和太鼓の演奏会 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要に応じて授業時に提示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加意欲及び参加態度(70%) 、学期末レポート(30%)
備考(Notes)
2/3以上の出席をしていない場合は、成績評価の対象としない
テキスト
Textbooks
特に指定しない。必要に応じて資料を配布する。
参考文献
Readings
必要に応じて授業時に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業の日程と時間:
2021年10月2日(土)1限~5限(8:50~18:50)
2021年11月27日(土)1限~5限(8:50~18:50)
2021年12月18日(土)1限~4限(8:50~17:00)
(昼休み 12:25~13:25)
場所:新座キャンパス新座体育館Aアリーナ

和太鼓の経験は不問。太鼓のバチは貸出可能。運動着と室内シューズを用意すること。
当該年度の定期健康診断を必ず受診すること。初回授業時に受診の有無を確認するため、必ず出席することと、顔写真(3 cm x 4 cm以内)を持参すること。

【2021年7月1日付変更(日程変更のため)】
変更前:
2021年11月27日(土)1限~5限(8:50~18:50)
2021年12月4日(土)1限~5限(8:50~18:50)
2021年12月18日(土)1限~4限(8:50~17:00)
 
注意事項
Notice
本科目は集中講義科目であるが、授業期間中の3日間で実施される。日程はその他(HP等)欄を参照のこと。
本科目は、担当教員の実務経験、または実務に従事するゲスト・スピーカーの招聘講義等を活かした授業である。 


PAGE TOP