シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ドイツ語基礎2
(Basic German 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 履修登録状況画面で確認すること 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) 5502(Room)
秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) 5507(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LNG1010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 文学部文学科ドイツ文学専修を除く 
テキスト用コード (Text Code) FL291 



授業の
目標
Course
Objectives
「基礎1」に引き続き,言語四能力(聞く・話す・読む・書く)のバランスある習得を目指す。 
Following “Basic 1,” the objective of this course is for students to acquire a balance between the four language skills (listening, speaking, reading and writing). 
授業の
内容
Course
Contents
文法事項の説明,基礎語彙(「基礎1」と合計で約700語)や基礎表現を使う練習を通し,短いテクストの読解力も身につける。また,ドイツ語圏の歴史や文化を通し,多文化社会における文化理解と共生力を養う。 
Through explanations of grammar items and practice using basic vocabulary (“Basic 1” plus about 700 words) and basic expressions, students learn to read and comprehend short texts. Also, through the history and culture of the German speaking sphere, students cultivate cultural understanding and a capacity for coexistence for a multicultural society. 
授業計画
Course
Schedule
1. 既習事項の復習 
2. 夏休みに何をした?:現在完了形 
3. 夏休みはどこにいた?:過去形,副文と接続詞 
4. 誕生日を祝う:受動態 
5. 誕生日はいつ?:序数,年月日の言い方 
6. 中間テスト 
7. 天候の話題:esの使い方,zu不定詞句 
8. 服を選ぶ:形容詞の使い方,格変化 
9. 服を選ぶ:形容詞の格変化 
10. 服を選ぶ:形容詞の比較,最上級表現 
11. 体調について話す:再帰代名詞と再帰動詞 
12. ドイツのアドヴェント:関係代名詞,関係副詞 
13. ドイツのクリスマス:非現実話法,外交的表現 
14. 最終テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
宿題・復習などの自主学習を行うこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
毎回の授業参加度(課題提出等を含む。)(30%) 、中間・最終テスト(70%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1.   『シュトラーセ・ノイ Ver.3.0』   朝日出版社  2019年  978-4-255-25405-0 
その他(Others)
参考文献
Readings
授業中に説明する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
原則として全授業回対面授業実施予定。 


PAGE TOP