シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
フランス語中級1                    新座(Niiza)
(Intermediate French 1 (Semiweekly)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 小倉 博行(OGURA HIROYUKI)
マンジャン(MANGIN ALEXANDRE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 1時限(Period 1) N343(Room)
春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) N235(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LNF2013 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes) 抽選登録科目 定員30名
自由科目基礎科目 
テキスト用コード (Text Code) FM701 



授業の
目標
Course
Objectives
1年次に学習した初級文法を定着させ,「聞く・話す・読む・書く」全般にわたる運用能力の養成を目指す。 
The objective of this course is for students to solidify the grammar they learned during the first year and to cultivate practical skills across the whole range of “listening, speaking, reading and writing.” 
授業の
内容
Course
Contents
以下のテーマについて,1年次に学習した語彙や表現,文法事項を補強しつつ,フランス語のさらなる運用能力を身につける。
週2回一括履修。原則として,フランス語を母語とする教員と日本人教員が,同一テキストを使用して連携をとりながら授業を進めていく。 
The below themes reinforce the vocabulary, expressions and grammar items learned during the first year while students further develop their ability to use French.
Classes are held twice a week. As a general rule, a teacher who is a native French speaker and a native Japanese teacher cooperate to advance the class while using the same textbook. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 自己紹介する 
3. 日常生活 
4. 尋ねる 
5. 時間割 
6. 身体/健康 
7. 計画 
8. 家族 
9. 天候/時間 
10. 公共交通機関 
11. バカンス/観光 
12. 美食/料理 
13. 出来事を語る 
14. 最終テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
自宅での反復練習は不可欠。詳細はその都度授業時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(50%) 、最終テストを含む各種テストや提出物(50%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 関未玲・A. Sabatier他  『フランスの今』   駿河台出版社  2014   
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1.   『ロワイヤル仏和中辞典』   旺文社     
その他(Others)
その他,各担当者が紹介するもの。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
・オンライン授業を行う場合は,実施日を授業内またはBlackboard(あるいは立教時間)にて事前に周知する。なお,初回と最終回は必ず対面で授業を行う。
・「中級1」は秋学期開講の「中級2」に引き継がれる。継続履修が望ましい。
・授業時に前回授業のフィードバックを行う。
・レベル:仏検3級相当以上のフランス語運用能力を既に有し,それ以上のレベルの能力の習得を目指す。
・グループワークの有無:適宜グループワークをおこなう。
・授業言語:主に,ネイティヴによる授業はフランス語で,日本人による授業は日本語でおこなう。 
注意事項
Notice
母語話者は履修してはならない。単位修得できないため注意すること。 


PAGE TOP