シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
大学生の日本語D
(Academic Japanese D) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 履修登録状況画面で確認すること  
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) 1102(Room)
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LNJ1013 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes) グローバル・リベラルアーツ・プログラムの学生対象 
テキスト用コード (Text Code) FO219 



授業の
目標
Course
Objectives
履修(りしゅう)のための日本語(にほんご)レベルは問(と)わない。日本語(にほんご)という言語(げんご)に関連(かんれん)する文化的(ぶんかてき)・歴史的(れきしてき)背景(はいけい)や事例(じれい)を日本語(にほんご)の言葉(ことば)や表現(ひょうげん)とともに学(まな)び, 日本語(にほんご)および日本(にほん)文化(ぶんか)への理解(りかい)を深(ふか)めることを目的(もくてき)とする。 
Japanese language ability is not considered to take this class. The purpose of this class is to deepen your understanding of Japanese language and culture by learning the curtural and historical backgrounds /examples as well as Japanese words and expressions. 
授業の
内容
Course
Contents
日本語(にほんご)の語彙(ごい)や表記(ひょうき),慣用(かんよう)表現(ひょうげん)などについて,その背景(はいけい)にある文化的(ぶんかてき)・歴史的(れきしてき)なことがらに触(ふ)れながら学(まな)んでいく。授業(じゅぎょう)は英語(えいご)と簡単(かんたん)な日本語(にほんご)で行(おこな)われる。講義(こうぎ)も行(おこな)うが,学生(がくせい)同士(どうし)のディスカッションや調査(ちょうさ)、発表(はっぴょう)なども頻繁(ひんぱん)に行(おこな)うため,積極的(せっきょくてき)な参加(さんか)が望(のぞ)まれる。 
Students will be able to learn about the vocabulary, spelling, and idioms of the Japanese language while referring to the cultural and historical context. The class is taught in English and simple Japanese. Though lectures will be given, active participation is required because discussions among the students, surveys, and presentation will be frequently conducted. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス
Guidance 
2. 防災(ぼうさい)
Disaster Prevention in Japan 
3. 日本(にほん)の歴史(れきし)
Japanese History 
4. 日本(にほん)の冠婚葬祭(かんこんそうさい)①
Ceremonial occasions① 
5. 日本(にほん)の冠婚葬祭(かんこんそうさい)②
Ceremonial occasions② 
6. 日本(にほん)のスポーツ
Sports in Japan① 
7. 日本(にほん)の音楽(おんがく)
Japanese music 
8. 日本(にほん)のジェンダー問題(もんだい)
Gender issues in Japan 
9. 日本(にほん)の労働(ろうどう)①
Working in Japan ① 
10. 日本(にほん)の労働(ろうどう)②
Working in Japan ② 
11. 日本(にほん)のお正月(しょうがつ)
Japanese new year 
12. 日本(にほん)の遊(あそ)び
Kids’ play in Japan 
13. 期末(きまつ)発表(はっぴょう)
Presentation 
14. 期末(きまつ)発表(はっぴょう)
Presentation 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要(ひつよう)な準備(じゅんび)学習(がくしゅう)については,毎回(まいかい)の授業(じゅぎょう)で指示(しじ)する。
Instructions will be given in class. 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
Class participation(30%) 、Task & Homework (40%) 、Final presentation & final paper (30%)
テキスト
Textbooks
プリント教材(きょうざい)。
Printed Teaching Materials.
参考文献
Readings
指定(してい)しない。
Nothing assigned.
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
スケジュールや内容(ないよう)は調整(ちょうせい)する場合(ばあい)がある。
The schedule and contents may be adjusted.
原則(げんそく)として全(すべ)ての授業回(じゅぎょうかい)対面(たいめん)実施(じっし)を予定(よてい)。
As a general rule, all classes will be held face-to-face.
COVID-19による入国制限(にゅうこくせいげん)でキャンパスに来(こ)られないなどの学生(がくせい)は,オンラインで授業(じゅぎょう)が受(う)けられるので,日本語教育(にほんごきょういく)センターに相談(そうだん)すること。
Students who cannot come to the campus due to immigration restrictions such as COVID-19 can take classes online, so please contact Center for Japanese Language Education if necessary. 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP