シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
大学生の日本語C-4
(Academic Japanese C-4) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
聴解・会話(ちょうかい・かいわ) 
担当者 (Instructor) 履修登録状況画面で確認すること  
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) 1103(Room)
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LNJ1010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 異文化コミュニケーション学部の学生対象 
テキスト用コード (Text Code) FO263 



授業の
目標
Course
Objectives
初級(しょきゅう)修了(しゅうりょう)レベルの学習者(がくしゅうしゃ)を対象(たいしょう)とし,日常(にちじょう)生活(せいかつ)における様々(さまざま)な場面(ばめん)での聴解(ちょうかい)と会話(かいわ)能力(のうりょく)の育成(いくせい)を目指(めざ)す。相手(あいて)の話(はな)すことを正確(せいかく)に把握(はあく)し,それに対(たい)して自分(じぶん)の意見(いけん)等(など)を正(ただ)しい日本語(にほんご)できちんと発表(はっぴょう)できるようになることを目標(もくひょう)とする。 
Intended for students who have completed the beginner level. The course aims to strengthen students’ listening and conversation skills in various everyday situations. Students will become able to understand what others are saying accurately and present their opinions in Japanese correctly. 
授業の
内容
Course
Contents
授業(じゅぎょう)はスピーチ,会話(かいわ),聴(ちょう)解(かい)の3部(ぶ)構成(こうせい)になっている。スピーチでは,自分(じぶん)の意見(いけん)を整理(せいり)して,構成(こうせい)を意識(いしき)しながらわかりやすく伝(つた)える練習(れんしゅう)を行(おこな)う。会話(かいわ)では,初級(しょきゅう)で学習(がくしゅう)した表現(ひょうげん)の復習(ふくしゅう)や会話(かいわ)特有(とくゆう)の表現(ひょうげん)(縮(しゅく)約形(やくけい),助詞(じょし)の省略(しょうりゃく),あいづちなど)の学習(がくしゅう)を行(おこな)い,それらを使用(しよう)する会話(かいわ)の練習(れんしゅう)を行(おこな)う。スピーチと会話(かいわ)ともに,流暢(りゅうちょう)さだけでなく発話(はつわ)の正確性(せいかくせい)を重視(じゅうし)する。聴(ちょう)解(かい)では,CDなどの教材(きょうざい)をもとに,まとまった内容(ないよう)を聞(き)いて大意(たいい)把握(はあく)や情報(じょうほう)取(ど)りなどが適切(てきせつ)にできるように練習(れんしゅう)を行(おこな)う。さらに,聴(ちょう)解(かい)の内容(ないよう)についてのディスカッションを行(おこな)う。 
The course consists of speech, conversation, and listening sections.
In the speech section, students will practice expressing their opinions clearly by organizing their thoughts and paying attention to structure.
In the conversation section, students will review basic expressions and other verbal and non-verbal behaviors specific to conversations (e.g., contracted forms, the omission of particles, and nodding.) They will then engage in conversation practices using those behaviors. Both speech and conversation exercises focus on accuracy as well as fluency.
The listening section will be centered on audio materials such as CDs. Students will be trained to listen to contents of a certain length and grasp the main points and appropriate details. They will also engage in discussions on the contents. 
授業計画
Course
Schedule
1. 自己(じこ)紹介(しょうかい) 
2. 苦情(くじょう)を言(い)う 
3. 誘(さそ)う、断(ことわ)る 
4. 依頼(いらい)する① 
5. スピーチ① 
6. スピーチ② 
7. 依頼(いらい)する② 
8. 言(い)い訳(わけ)をする 
9. 人(ひと)について説明(せつめい)する① 
10. インタビュー① 
11. インタビュー② 
12. 人(ひと)について説明(せつめい)する② 
13. 描写(びょうしゃ)する 
14. 期末(きまつ)テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要(ひつよう)な準備(じゅんび)学習(がくしゅう)については,毎回(まいかい)の授業(じゅぎょう)で指示(しじ)する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業(じゅぎょう)への参加度(さんかど)(30%) 、課題(かだい)・宿題(しゅくだい)(40%) 、期末(きまつ)テスト(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1.   『ロールプレイで学(まな)ぶ 中級(ちゅうきゅう)から上級(じょうきゅう)への日本語(にほんご)会話(かいわ)』   アルク  2014   
2.   『新(しん)・毎日(まいにち)の聞(き)きとり50日(にち)』   凡人社  2007   
その他(Others)
上記(じょうき)の教材(教材)のほかも適宜(てきぎ)使用(しよう)する。
参考文献
Readings
授業(じゅぎょう)で適宜(てきぎ)紹介(しょうかい)する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
スケジュールや内容(ないよう)は調整(ちょうせい)する場合(ばあい)がある。
The schedule and contents may be adjusted.
原則(げんそく)として全(すべ)ての授業回(じゅぎょうかい)対面(たいめん)実施(じっし)を予定(よてい)。
As a general rule, all classes will be held face-to-face.
COVID-19による入国制限(にゅうこくせいげん)でキャンパスに来(こ)られないなどの学生(がくせい)は,オンラインで授業(じゅぎょう)が受(う)けられるので,日本語教育(にほんごきょういく)センターに相談(そうだん)すること。
Students who cannot come to the campus due to immigration restrictions such as COVID-19 can take classes online, so please contact Center for Japanese Language Education if necessary. 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP