シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
日本の社会と文化C
(Japanese Society and Culture C) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 丸山 千歌(MARUYAMA CHIKA)
【2021年8月10日付変更】変更事由:担当者変更のため
変更前)小林 友美(KOBAYASHI TOMOMI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) 4152(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LNJ2010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 抽選登録科目 定員20名
※外国人留学生入試による入学者対象科目 
テキスト用コード (Text Code) FO723 



授業の
目標
Course
Objectives
日本の企業風土,日本的経営、日本式サービスなど日本での就職に関心がある学生にとって有用なトピックをとりあげ,それらの知識を獲得すると同時に,高度な文型や語彙を増やし,日本語による受発信力をつける。 
The course will cover topics that are useful for students interested in finding employment in Japan, including Japanese corporate culture, Japanese-style management, and Japanese-style service. While acquiring this knowledge, students will also increase their vocabulary and practice using advanced sentence patterns, improving their ability to take in information and express themselves using Japanese. 
授業の
内容
Course
Contents
「日本の企業風土」「日本的経営」「日本型サービス」をトピックとして取り上げ, ゲストスピーカーとして招き,ゲストスピーカーからの講義を軸として授業を進める。授業で扱うトピックについて理解を深めると同時に,それらのトピックを語る際に使われる語彙や文型について学び,使う課題も行う。ゲストスピーカーによる講義の前には事前学習として,それぞれのトピックについての基本的知識や専門的な語彙や文型を学び,講義の後には,内容理解やディスカッションを行い,レポート作成などを行う。事前学習,ゲストスピーカーによる講義,事後学習という流れの中で学ぶことが重要であるため,責任を持って授業に参加できる者の履修を望む。 
In this course, topics such as “Japanese corporate culture,” “Japanese-style management,” and “Japanese-style service” are covered, and guest speakers are invited to give lectures as well. Students will deepen their understanding of the topics covered in class while also learning vocabulary and sentences patterns related to said topics. Before each lecture by a guest speaker, students will be given basic knowledge, specialized vocabulary, and sentence patterns regarding the topic for preparatory study. After the guest lectures, they will show their understanding of the topic through discussions, reports, etc. The flow regarding preparatory study, lectures from guest speakers, and post study will be an important aspect of this course, and so this class is recommended for students who are sufficiently responsible and proactive. 
授業計画
Course
Schedule
1. 授業概要 
2. 「日本の企業風土」事前学習 
3. ゲストセッション① 
4. 「日本の企業風土」事後学習① 
5. 「日本の企業風土」事後学習② 
6. 「日本的経営」事前学習 
7. ゲストセッション② 
8. 「日本的経営」事後学習① 
9. 「日本的経営」事後学習② 
10. 「日本式サービス」事前学習 
11. ゲストセッション③ 
12. 「日本式サービス」事後学習① 
13. 「日本式サービス」事後学習② 
14. まとめ・振り返り 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要な準備学習については毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(30%) 、宿題(25%) 、小レポート(3回)(45%)
テキスト
Textbooks
指定しないが,必要なものを適宜配付する。
参考文献
Readings
授業で適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
ゲストとの調整により,扱うテーマの順番が変わる可能性がある。
原則として全ての授業回,対面実施を予定。
COVID-19による入国制限でキャンパスに来られないなどの学生は,オンラインで授業が受けられるので,日本語教育センターに相談すること。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP