シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ビジネスのための口頭運用力A
(Business Japanese: Listening and Discussion A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 山内 薫(YAMAUCHI KAORI)
【2021年10月19日付変更】変更事由:担当者変更のため
変更前)小林 友美(KOBAYASHI TOMOMI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) 4152(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LNJ3010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 抽選登録科目 定員18名
※外国人留学生入試による入学者対象科目 
テキスト用コード (Text Code) FO734 



授業の
目標
Course
Objectives
日本語の談話の特徴について理解を深めるとともに,敬語や待遇表現など,日本企業で働く際に必要となる口頭運用力を身につける。 
Students will gain a deeper understanding of the characteristics of Japanese discourse and acquire the verbal skills, such as honorifics and attitudinal expressions, necessary to work at a Japanese company. 
授業の
内容
Course
Contents
ビジネス場面で必要とされる構文または談話レベルの口頭運用力―敬語や待遇表現―について,電話応対,依頼など実際の場面を設定して実践的に学び,それが使えるように練習する。 
Students will develop the syntax and discourse-level verbal skills required in business situations, such as honorifics and attitudinal expressions, learning about and practicing them through actual scenes including answering the telephone, taking requests, etc. 
授業計画
Course
Schedule
1. 授業概要,紹介 
2. 会議①提案・申し出 
3. 会議②説明 
4. 会議③賛成・反対 
5. 会議④質疑応答 
6. RPテスト 
7. 電話応対① 
8. 電話応対② 
9. RPテスト 
10. 商談①指示 
11. 商談②訪問 
12. 商談③依頼・断り 
13. 商談④お詫び(クレーム処理) 
14. 聴解テスト,RPテスト,振り返り 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で周知する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(20%) 、授業内課題(40%) 、テスト(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 瀬川由美他  『人を動かす! 実戦ビジネス日本語会話 上級』   スリーエーネットワーク  2008  978-4883194704 
2. 宮崎道子他  『にほんごで働く! ビジネス日本語30時間』   スリーエーネットワーク  2009  978-4883194902 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業開始後にスケジュールや内容を調整する可能性がある。
原則として全ての授業回,対面実施を予定。
COVID-19による入国制限でキャンパスに来られないなどの学生は,オンラインで授業が受けられるので,日本語教育センターに相談すること。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP