シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
GL101
(GL101) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
PBLによるリーダーシップ入門 
担当者 (Instructor) 履修登録状況画面で確認すること 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 5時限(Period 5) X201(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP1100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) ・経営学部所属学生履修不可
・2016年度以降1年次入学者:学びの精神科目
・2012~2015年度1年次入学者:総合自由科目
・定員20名  
テキスト用コード (Text Code) FV111 



授業の
目標
Course
Objectives
コースの目標は、一人ひとり異なる「自分ならではのリーダーシップ」を、プロジェクト型学習(PBL)での実践を通して、自ら発見し、磨きます。それは役割や権限に関わらず発揮する「権限なきリーダーシップ」を開発することでもあります。
そのリーダーシップを発揮することは、多様な他者と協働し、答えのない問題を解決することに繋がります。授業において、一人ひとりが自らのリーダーシップスキルを最大限発揮し、振り返る機会を持つことで、将来、自分自身が抱く意志や熱意を注ぐことを見つけた際、世界のどこでも誰とでも、自ら実現する力に繋がります。
またその学びと実践の過程において、討議やフィードバック、 調査分析、 企画提案、 プレゼンテーションなどの各種ビジネス基本スキルをも会得することも目指します。 
The goal of this course is to discover and develop individual leadership through project-based learning and practice. It can be exerted no matter what roles you are in, and it is called,“Leadership without authority”.
Exerting individual leadership will lead to create new solutions for the issues which do not have the answers by collaborating diverse people. The whole experience will let you exert your unique leadership skills and potential at maximum, which will encourage yourself to take actions for what you are enthusiastic about in the future, no matter where you will be and with who you will collaborate.
In addition, students will acquire variety of basic business skills during the process, including discussions, feedbacks, survey analysis, proposal making, and presentations. 
授業の
内容
Course
Contents
自分ならではのリーダーシップ開発を目標とし、少人数のチーム(5-6名)にてクライアント企業から提示された課題解決型のプロジェクトに取り組みます。授業を通して、発案や学びの面白さを知り、その後の人生において継続的な学びとリーダーシップを発揮することを期待します。
各クラスは様々な学部、学年の受講生によって構成されます。そのため、受講生が自ら目標を立て、それを共有しながら同僚支援し、チーム内で率先して行動するといった、各受講生のリーダーシップの開発・発揮が求められる。最終的には所属するチーム、クラスを超えて他者のリーダーシップ開発・発揮を支援することも期待されます。
*本内容と授業計画について、クライアント企業の提示課題、グループワークの進捗状況次第で、内容や順序が変更になる可能性があります。 
All the students will participate the project, and demonstrating leadership in small teams (5-6 members) to solve the issues which do not have the answers in reality. The theme will be provided by a real company in the world.
Throughout the course with the project, all the students can expect to experience joy of learning and creating new proposals and value, while fostering continuous learning and leadership in later in their lives. Each class consists of students from variety of faculties and years. To do that, students are tasked with developing and cultivating their leadership. Students must set their goals, share them with their peers, support their peers, and take initiative in their teams. Ultimately, students are expected to go beyond their teams and classes to develop and cultivate leadership of others.
*The course contents and the order may change depending on the client's theme and the progress of the projects. 
授業計画
Course
Schedule
1. リーダーシップとは?あなたの考えるリーダーシップと最小3要素 
2. 企業からのプロジェクトテーマ発表 & 好奇心と質問を通した背景理解 
3. 新たなチームを創る(自己理解と他者理解) & 活動計画の設定 
4. 対話によるプロジェクトテーマの自分事化 
5. 現状理解へ向けた、調査計画 & 仮説構築 
6. 機会発見と顧客洞察 & 心を動かす事業の創り方 
7. 本質的な課題設定 & 効果的な解決策の創造 
8. プレゼンテーションの実践1 | 中間発表 
9. チーム活動振り返り & フィードバックスキルの基本理解と実践 
10. 企画提案の再検討(クリティカルシンキング) 
11. 提案骨子の整理(論理思考) & 効果的なプレゼンテーション準備 
12. プレゼンテーションの実践2 | 最終発表前予選 (その後、本選は授業外で実施)  
13. チーム活動振り返り & 互いを高めるフィードバックの実践 
14. 学びの統合 & リーダーシップ宣言と未来接続 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
・授業でのリーダーシップ実践に関する振り返り課題があります (目安: 約1時間/週の個人での学習時間)
・クライアント企業から提示された課題に関するプロジェクト型学習は、個人またはチームごとに授業外に行うことを想定しています。(目安: 約2-3時間/週の個人またはチームでの学習時間)
・予備的な特別セッションを行うことがあり、必要に応じて出席をして活用が可能です。
・複数キャンパスで授業を行うため、合同授業となる本選は7/3の土曜日午後に行うことが想定されています。(日程は変更可能性あり) 受講生は、可能な限り本選に参加することが望ましい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業中の発表・討議・質疑応答(30%) 、グループワークの成果(40%) 、課題等提出物(30%)
備考(Notes)
上記比重に関わらず、欠席3回でD評価とする。
テキスト
Textbooks
適宜、ガイダンスがあります。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 野田智義, 金井壽宏  『リーダーシップの旅 見えないものを見る』   光文社新書  2007/2/16  978-4334033897 
2. 岩嵜博論  『機会発見――生活者起点で市場をつくる』   英治出版  2016/9/21  978-4862762290 
3. 石川淳  『シェアド・リーダーシップ』   中央経済社  2016/11/25  978-4502203510 
4. ターシャ・ユーリック, 中竹竜二   『insight(インサイト)――いまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己認識の力』   英治出版  2019/06/26  978-4862762702 
5. ブレネー・ブラウン  『本当の勇気は「弱さ」を認めること』   サンマーク出版   2013/8/19  978-4763133007 
6. ブライアン・グレイザー, チャールズ・フィッシュマン   『好奇心のチカラ 大ヒット映画・ドラマの製作者に学ぶ成功の秘訣』   KADOKAWA  2017/04/11  978-4048654982 
7. 吉野源三郎  『君たちはどう生きるか』   マガジンハウス  2017/8/24  978-4838729463 
その他(Others)
上記は、授業外でより学びを深めたい学生に向けた参考書籍で、全て読むことは必須ではありません。その他の書籍紹介も、適宜行います。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
立教大学におけるリーダーシップ開発としては、BL0、GL111(英語)に相当する授業となります。また、本GL101後に、他のGLP授業を通して、さらなるリーダーシップ開発を進めることができます。GL101は、その基礎科目の位置付けです。 https://ghrd.rikkyo.ac.jp/program/GLP.aspx 

また本授業は定員を超えることが多く、選考があります。仮に履修できない場合でも、2年、3年、4年次に履修再応募が可能です。 
注意事項
Notice
本科目は、担当教員の実務経験、または実務に従事するゲスト・スピーカーの招聘講義等を活かした授業である。 


PAGE TOP