シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
国際的協働のための国内インターンシップ 
(International Collaboration throuth Internship in Japan) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
教室での学びに加え,就業体験を通して、自分と社会とのつながりを意識する 
担当者 (Instructor) 丸山 千歌(MARUYAMA CHIKA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMP2600 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) FV538 



授業の
目標
Course
Objectives
就業体験を通して,大学4年間の学びの先にあるキャリアプランを考えるとともに全学での学び、,また所属学部での学びがどう社会と結びついているのかを知る。教室での学びだけではなく,教室外での経験を通して、自分と社会とのつながりを意識するようになる。 
Through work experience, students are expected to consider their career plan following their four years of study at university, learning about how studying in their department and at the university as a whole is connected to society. Students are expected to become aware of the connections between themselves and society not only through learning in the classroom but also through experiences outside the classroom.  
授業の
内容
Course
Contents
本科目の授業は、事前学習,インターンシップ,事後学習の3部により構成する。具体的には春学期中に履修者の選考及び事前研修を経て,夏季休暇中に各企業にインターンとして派遣する。外国人入試による入学者は日本での就業体験、それ以外の学生は日本語非母語話者との協働体験が可能な日本での就業体験を予定している。派遣期間は10日~14日で、秋学期に事後研修を実施する。 
This course consists of three parts: preliminary study, internship, and post-study. Specifically, after student selection and preliminary training in the spring semester, students are sent as interns to various enterprises during summer vacation. Students who enter the university through the entrance exams for international students experience working in Japan, while other students experience working in Japan with non-native speakers of Japanese. The period for students to be sent is from 10 to 14 days, and post-training session meets in the fall semester. 
授業計画
Course
Schedule
1. 説明会・エントリーシート・課題レポートの提出・面接 
2. 事前研修(1)   
3. 事前研修(2)   
4. 事前研修(3)  
5. 事前研修(4) 
6. 各企業における実地研修(1)  
7. 各企業における実地研修(2)  
8. 各企業における実地研修(3)  
9. 各企業における実地研修(4)  
10. 各企業における実地研修(5)  
11. 各企業における実地研修(6)  
12. 各企業における実地研修(7)  
13. 事後研修(1)  
14. 事後研修(2)  
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。  
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
事前研修での参加度(30%) 、インターンシップ研修先の評価(40%) 、事後報告会での報告内容(30%)
備考(Notes)
成績は「合格」「不合格」のいずれかで評価する。
テキスト
Textbooks
適宜指示する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
1)本科目は秋学期履修登録科目であるが,履修希望者は4月中旬に始まるエントリー期間に履修申請すること。履修資格,履修登録および全体スケジュール等の詳細については日本語教育センターHP(https://cjle.rikkyo.ac.jp/)で必ず確認すること。
2)事前研修(1)は6月2日(水)5限に行う。
3)事前、事後学習は各受講者が自発的に考え,発言する,積極的な態度が求められる。
4)連絡事項、資料の配付などはBlackboardを通して行う。
5)初回は対面授業とし、以後は履修者との相談により決定。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP