シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
GA004/教職実践演習(中・高)(D)
(Practice Teaching Seminar(Secondary Education))(D) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 逸見 敏郎(HEMMI TOSHIRO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 4時限(Period 4) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CET4510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 「その他」登録科目
池袋キャンパス所属学生対象 
テキスト用コード (Text Code) GA004 



授業の
目標
Course
Objectives
教職課程履修の総仕上げとして,自己の教員としての適性や特徴を対象化すること,および今後の教員としての課題を認識する。 
授業の
内容
Course
Contents
少人数クラスを編成し,演習形式で講義とディスカッションを中心に展開する。

また中・高の現職教員や地域と学校に関わる関係者による講義をふまえ,教科指導,生活指導および学級運営等について模擬授業,ロールプレイなどをとおして実践的理解を深める。

授業は,「クラス別授業」と「クラス合同授業」によって構成される。
「クラス合同授業」は,「教職実践演習(中・高)」履修の全学生が一同に介して受講する形態をとる。
「クラス別授業」は,各クラス担当者により授業計画に沿って授業が進行する。履修希望クラスは,下記「注意事項」にしたがって,各自の秋学期履修計画に基づき手続きをおこなうこと。クラス確定後のクラス変更は原則,認めない。

なお「クラス合同授業」の日程など授業実施の詳細は,7月初旬に発表される受講クラスと同時に連絡する。各自確認すること。

また,卒業要件に必要な正課科目と重複する場合は,正課科目の授業を優先し,履修計画等を検討すること。 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 趣旨説明 
2. 教育実習事後報告会 
3. クラス開きの実際 
4. 教科指導実践研究(1) 
5. 教科指導実践研究(2) 
6. 教科指導実践研究(3) 
7. 教科外指導実践研究(1) 
8. 教科外指導実践研究(2) 
9. 教科外指導実践研究(3) 
10. 学校経営実践研究(1) 
11. 学校経営実践研究(2) 
12. 地域と学校教育の連携研究(1) 
13. 地域と学校教育の連携研究(2) 
14. 総括討論 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
・各自,教育実習先修科目を復習,および教育実習の振り返りを行っておくこと。
・『履修の記録』の必要事項を記入しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
クラス別授業時に毎回提出する「リアクションペーパー」(40%) 、合同クラス授業時に課される「小レポート」(40%) 、最終授業時に全クラス共通テーマ「立教大学で教職課程を履修して」の「レポート」(20%)
テキスト
Textbooks
教育実習事前指導の際に配付した,各自作成中の『履修の記録』(授業時に必ず持参)及び配付プリントを使用。
参考文献
Readings
授業時に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
・下記注意事項を厳守すること。
・WEB上の教職課程掲示板・クラス担当教員の指示に従い「立教時間」または「Blackboard」による連絡等を見落とさないようにすること。 
注意事項
Notice
・所属キャンパスで開講するクラスを受講すること。
・登録に際しては,4月に掲示等にて指示する「『教職実践演習(中・高) 』履修希望届」入力フォームより希望科目を指定された期日までに入力することになる。各自,秋学期の履修計画をもとに第3希望まで検討しておくこと。
・配当クラスについては,7月上旬にWEB上の学校・社会教育講座 教職課程掲示板に掲示する。 


PAGE TOP