シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
GB241/見学・学内実習(A)
(Inspection and Training (A)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 山形 眞理子(YAMAGATA MARIKO)
滝口 正哉(TAKIGUCHI MASAYA) 
時間割 (Class Schedule) 通年他 (Full year Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CEM2820 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 「その他」登録科目
「見学・学内実習(B)」と同一科目 
テキスト用コード (Text Code) GB241 



授業の
目標
Course
Objectives
さまざまな博物館を見学することにより、博物館の多様なあり方について理解を深めるとともに、学芸員をはじめとする関係者の実際の活動について学ぶ。さらに学内実習によって博物館の基礎的な実務の一端を学ぶ。 
授業の
内容
Course
Contents
見学実習ではさまざまな博物館を訪ね、学芸員をはじめとする関係者の方々の作業の実際と施設を見学する。学内実習では、外部の専門家を招いて、学芸員の職務に必要な実践的な知識と技術の基本を学ぶ。
 
授業計画
Course
Schedule
見学実習では2泊3日の日程で国内の博物館、美術館、記念館などを訪ね、学芸員をはじめとする多くの関係者から話を聞くと同時に、業務の実際と施設を見学する。同様に、都内周辺における1日の見学も実施する。これらを踏まえて参加者相互で意見交換を行う。学内実習では外部の専門家を招いて、写真撮影、ビデオの撮影と編集、資料・作品の取り扱いなどについて基本的な知識と技術技能を学ぶ。 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
日ごろから意識的に様々な博物館、美術館などを訪れることが望ましい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
実習への積極的な取り組み姿勢や参画度など(70%) 、レポート(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
追って、実習前に別途指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
見学実習については、事前に指定された図書を読んでレポートを提出する。また、事後にも実習の成果についてレポートを提出する。詳細は追って指示する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP