シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
GX324/生徒・進路指導の理論と方法(D)
(Theories and Methods of Student and Career(D)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 逸見 敏郎(HEMMI TOSHIRO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) 5323(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CET1300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) GX324 



授業の
目標
Course
Objectives
 一人一人の児童及び生徒の人格を尊重し、個性の伸長を図りながら、社会的資質や行動力を高めることを目指す生徒指導を学ぶ。また、一人一人の社会的・職業的自立に向けて必要な基盤となる資質・能力を育むための進路指導を学ぶ。 
授業の
内容
Course
Contents
 生徒指導もキャリア教育も学校現場ではあらゆる教育活動において実践するものとされている。教育現場における実践事例に触れながら、本来の意味や役割について理解を深め、教育現場で活用できる実践的な力量形成が図れるように講義する。 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入:生徒指導・進路指導とは 
2. 学校全体の教育活動の中の生徒指導 
3. 集団指導・個別指導、生徒指導体制と教育相談 
4. 生徒指導の集団指導のあり方 
5. 生徒指導の個別指導のあり方 
6. 問題行動への対応 
7. いじめへの対応 
8. 情報機器の使用に関する問題・情報倫理・リテラシー 
9. 不登校への対応 
10. 進路指導・キャリア教育の意義と理論、そのあり方 
11. カリキュラム・マネジメント・ガイダンスの意義 
12. 進路指導・キャリア教育の実際 
13. キャリア・カウンセリングの方法、ポートフォリオの活用 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回のテーマについて関心を持ち、参考文献を一読すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、リアクションペーパー(20%) 、授業内課題レポート(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 文部科学省  『生徒指導提要』   教育図書  2010  978-4-87730-274-0 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 土井隆義  『友だち地獄』   ちくま新書  2010  4480064168 
2. 逸見・山中編  『大学生が出会うリスクとセルフマネジメント』   学苑社  2015  4761407719 
3. 山田ズーニー  『おとなの進路教室』   河出書房新社  2012  4309411436 
4. 村上昇  『働き方の哲学』   discover21  2018  4799322389 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
*文部科学省『生徒指導提要』ダウンロードサイト
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1404008.htm
*授業内課題レポートは,ブックレポート等を2本予定している。その際の文献リストは授業時に配布する。
*授業支援システムGoogle Classroomを使用して資料配付などをおこなう。操作に習熟しておくこと。

 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP