シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
GX611/教育心理学(A)
(Educational Psychology (A)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 岩瀧 大樹(IWATAKI DAIJU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) M301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CET1100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) GX611 



授業の
目標
Course
Objectives
 幼児、児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程について、基礎的な知識を身に付け、各発達段階における心理的特性を踏まえた学習活動を支える指導の基礎となる教育心理的観点からの生徒理解や授業方法についての考え方を理解する。 
授業の
内容
Course
Contents
 幼児、児童及び生徒の心身の発達の過程及び特徴を理解するとともに、学習に関する基礎的知識を身に付け、また発達を踏まえた学習を支える指導についての基礎的な考え方を理解する。さらに、心身のしょうがい、発達しょうがいを持つ生徒の心理、学習過程と指導について学ぶ。 
授業計画
Course
Schedule
1. 授業ガイダンス(授業内容および進め方)・乳幼児期の人格発達 
2. 児童期・青年期の人格発達 
3. 乳幼児期から青年期の認知発達 
4. 乳幼児期から青年期の言語発達 
5. 乳幼児期から青年期の運動発達 
6. 心身のしょうがいの基礎理解と指導法 
7. 発達しょうがいの特性と指導法 
8. 学習理論 
9. 動機づけ 
10. 集団と学習 
11. 教育評価 
12. 主体的学習とは 
13. 主体的学習の指導 
14. 学校教育に活かす教育心理学とは・授業のまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回のテーマについて関心を持ち、テキストや参考文献を一読すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終テスト(Final Test)(40%) 、各回のリアクションシート(30%) 、講義への取り組み(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 岩瀧大樹  『教育臨床と心理学ー支える・学ぶ・教えるを科学するー』   学文社  2012  978-4-7620-2279-1 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
第1回にて、講義におけるルール等について説明し、履修者の同意を得る機会を設定します。履修希望者は必ずご出席ください。

 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP