シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
HA087/マーケティング
(Marketing) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
売れる仕組みづくり・買ってもらえる仕掛けづくりを理解しよう 
担当者 (Instructor) 東 徹(AZUMA TORU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRS2100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HA087 



授業の
目標
Course
Objectives
「マーケティング・マインド」―つまりマーケティング的なものの見方・考え方を養ってもらうこと,それがこの授業のねらいです。ビジネスの中で培われてきたマーケティングの知識やスキルを学び,身につけるとともに,社会の様々な問題解決に向けた応用力を養ってほしいと思っています。 
The purpose of this course is to develop a “marketing mind” (a marketing perspective and way of thinking). While learning and acquiring marketing knowledge and skills that have been cultivated in business, students develop abilities that can be applied to ameliorating various social issues. 
授業の
内容
Course
Contents
この授業では,現代マーケティングの基本的な考え方・進め方について学んでいきます。より便利で魅力的な新製品の開発,ブランド力の強化,買いやすい価格の工夫,注目を引き記憶に残る広告,販売店の選択等,企業がライバル企業との激しい競争の中で,移ろいやすい顧客の心をひきつけ,満足してもらうためにどんな工夫を凝らしているのか,一緒に考えてみましょう。 
This course focuses on the basic concepts and methods of modern marketing. Together, students think of ways for companies in fierce competition with their rivals to attract and satisfy customers' fickle hearts, for instance, development of more convenient and attractive products, enhancement of brand power, pricing that makes it easy to buy, memorable advertising that attracts attention, store selection, and so on. 
授業計画
Course
Schedule
1. マーケティングを学ぶにあたって 
2. マーケティングの目的は販売を不要にすること!―「作ったものを売る」ことと「売れるものをつくる」ことはどう違う?― 
3. 利益獲得のカギは顧客満足にあり!―マーケティングの基本理念を理解しよう― 
4. 満足した顧客はリピーターになってくれるか?―顧客満足と顧客ロイヤルティ- 
5. 消費者需要の同質性と異質性を見極めろ!―マス・マーケティングvs.ターゲット・マーケティング― 
6. 値段の安さで勝負するか、製品の特徴で勝負するか―価格競争vs.非価格競争(製品差別化)― 
7. 戦略を組み立てる①―企業戦略と市場対応(競争戦略、PPM等) 
8. 戦略を組み立てる②―どのような人に、どのようなものを、どのように提供するかを決める(マーケティング戦略の策定プロセス)― 
9. 市場の発展段階を見極めろ!―製品ライフサイクルとマーケティング戦略①― 
10. 市場の発展段階を見極めろ!―製品ライフサイクルとマーケティング戦略②― 
11. 業界内の力関係を見極めろ!―市場競争地位とマーケティング戦略― 
12. 消費者タイプの違いを見極めろ!―消費者の購買行動とマーケティング戦略― 
13. 強いブランドを構築せよ!①―ブランドの意義と働き― 
14. 強いブランドを構築せよ!②―ブランド構築のプロセス― 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
皆さんのまわりにはマーケティングを学ぶための「生きた教材」があふれています。次々と現れる新製品,百貨店やコンビニの店頭,テレビや雑誌の広告,ユニークなパッケージ,通販サイト・・・etc,そこにどのような仕掛けや工夫が凝らされているか,皆さん自身がどのようにして製品やブランド,店舗を選び,サービスを評価しているのか,身近な事例や体験を通して考えてみましょう。常に現実に目を向け,講義やテキストで学んだ知識と結びつけて考えてみることで,マーケティングをよりイキイキと学ぶことができるはずです。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 80  %  
平常点(In-class Points) 20  %
授業内課題・リアクションペーパー等(20%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 嶋 正・東 徹編著  『現代マーケティングの基礎知識[改訂版]』   創成社   2017年   
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP