シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
HA118/観光政策・行政論
(Policy and Administration in Tourism) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
観光政策を広義に捉える 
担当者 (Instructor) 西川 亮(NISHIKAWA RYO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRS2000 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HA118 



授業の
目標
Course
Objectives
観光行政は観光庁のみによるのではない。国と地方の関係性や行政の多部署による関わり、民間事業者等との役割分担、過去からの歴史的展開、政策の国際比較という視点を通じて、行政が観光に関わる意義や役割を理解することが重要である。そこで、行政による観光への介入を次の6つの視点から論じ、観光政策に関する本質的な理解を目指す。(1) 政策一般と観光政策の対比、(2) 国と地方自治体の対比、(3) 観光専門の行政と周辺領域行政、(4) 行政と民間事業者、住民、観光客、(5) 過去―現在―未来、(6) 観光政策の国際比較。
以上の視点から、観光政策の1つ1つを理解するのに留まらず、行政が観光に関与する意義を総合的・学術的に考察できるようにする。 
Tourism policies are not proceeded only by tourism departments (such as Japan Tourism Agency) but also by other related departments. It is important to understand tourism policies from the following view points;
(1) Comparison between general policies and tourism policies.
(2) Comparison of Tourism policies by the national government and by local governments.
(3) Policies by tourism departments and by other related departments such as those of economics, urban planning, heritage conservation and environment.
(4)The role of government in tourism considering roles of stakeholders such as enterprises, citizens groups and tourists.
(5)The historical transitions of tourism policies to understand the characteristics and roles of the policies.
(6) Comparison between Japanese tourism policies and tourism policies in foreign countries.

Through the lectures, students will understand not only about each policies but also about significances of government for tourism studies.
 
授業の
内容
Course
Contents
講義は大きく分けて3つのパートから構成される。第1に、現在の観光に関する政策を理解することである。国と地方の双方の視点から論じる。第2に、歴史を遡るパートである。現在の観光に関する政策に至る背景を歴史から論じ、行政による観光への介入の意味を理解する。第3に、過去及び現在の政策展開を踏まえた上で、これからの観光に関わる政策に求められる視点を論じる。 
The lectures will consist of the three topics: ①understanding the characteristics of current tourism policies from the viewpoint of the national and local governments, ② historical understanding of tourism policies, and ③ on the basis of ① and ②, we will discuss new topics of tourism policies in the future, such as the SDGs of tourism and tourism resilience. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション:政策とは何か 
2. 観光行動からみる観光を巡る主体と行政 
3. [観光政策の今]観光庁を中心とした国の観光政策の視点 
4. [観光政策の今]観光に関わる多様な省庁の政策 
5. [観光政策の今]地方自治体の置かれた状況と観光 
6. [観光政策の今]地方での観光に関する政策の展開① 
7. [観光政策の今]地方での観光に関する政策の展開② 
8. [歴史を遡る]戦前の社会と観光に関する政策の視点 
9. [歴史を遡る]戦後の社会と観光に関する政策の視点① 
10. [歴史を遡る]戦後の社会と観光に関する政策の視点② 
11. [歴史を遡る]平成時代の社会と観光に関する政策の視点 
12. [歴史を遡る]観光政策史から見る社会と観光に関する政策の特徴 
13. [これから]地域の持続可能性・総合政策としての観光に関する政策 
14. まとめ:観光振興に求められる行政の役割 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
日常から国や地方自治体、民間事業者による観光に関するニュースに触れる習慣を付けておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
リアクションペーパー(20%) 、レポート課題1(40%) 、レポート課題2(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 阿部大輔  ポスト・オーバーツーリズム   学芸出版社  2020  978-4-7615-2760-0 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP