シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/観光インターンシップA
(Internship in Tourism A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 東 徹(AZUMA TORU)
柳川 悦子(YANAGAWA ETSUKO)
清野 隆(SEINO TAKASHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) N432(Room)
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRM3100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HA415 



授業の
目標
Course
Objectives
観光インターンシップは,観光ビジネスや地域づくりの現場で実践的に学ぶプログラムです。旅行・ホテル・交通(航空・鉄道等)など,観光ビジネスを担う企業での就業体験や,全国各地の地域づくりの現場で様々な取り組みを体験し,観光を支える企業や地域の“現場力”を肌で感じること,それが大きなねらいです。 
This Internship is a program to learn the practical, on-site tourism business and community activity. Through work experience in companies related to tourism, such as travel agency, hotels, transportation (airline, railway etc.), and seeing various efforts at local sites being created around the country, we aim to provide students with the opportunity to acquire “on-site power” in regions and companies supporting tourism. 
授業の
内容
Course
Contents
観光インターンシップは,3年生の夏休みに行われる企業や地域での実習を中心として,事前の準備学習,事後のふりかえりと成果のまとめからなっています。春学期の観光インターンシップAでは,企業・業界研究や地域研究,社会人として身につけておくべきマナーや心構えの修得など,十分に準備をした上で夏休みの実習に臨みます。
[実習先]観光ビジネスに従事する企業(旅行・宿泊・交通等),観光・地域振興に取り組む自治体・NPO・観光協会等 
This internship program consists of preliminary study program, retrospective review and summary of results, focusing on practical training in companies and regions during the 3rd year summer vacation period. The spring semester class (Internship in Tourism A) prepares students for practical training during the summer vacation, following on from company and industry research, and area studies, learning the manners and attitudes that should be acquired entering the bussines person. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション
(インターンシップの心構え、授業の進め方など) 
2. 自己分析と実習の目標設定(1) 
3. 自己分析と実習の目標設定(2) 
4. 自己分析と実習の目標設定(3) 
5. 自己分析と実習の目標設定(4) 
6. 企業・業界研究,地域研究(1) 
7. 企業・業界研究,地域研究(2) 
8. 企業・業界研究,地域研究(3) 
9. 企業・業界研究,地域研究(4) 
10. 企業・業界研究,地域研究(5) 
11. 企業・業界研究,地域研究(6) 
12. ビジネス・マナー研修(1) 
13. ビジネス・マナー研修(2) 
14. 実習に臨むにあたって
※実習は,夏休み期間中,2週間~1カ月程度行われます。 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に必要に応じて指示します。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業に対する意欲・参加態度、発表内容など(100%)
備考(Notes)
※観光インターンシップA・Bは,連続して履修することが前提となります。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業開始前に履修者の選考(書類審査・面接)を行います。
4月はじめのガイダンスで説明を行いますので,希望者は必ず参加してください。
実習を受け入れてくださる企業や地域の方々は,お忙しい中,親身になって皆さんのご指導・お世話をしてくださいます。真摯な態度と感謝の気持ちを持って取り組んでください。 
注意事項
Notice
本科目は、インターンシップや学外活動等の実践的な学びを中心に構成する授業である。 


PAGE TOP