シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/グローバル・スタディ・プログラム1
(Global Study Program 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
言語の習得と生活体験 
担当者 (Instructor) 杜 国慶(DU GUOQING)
石橋 正孝(ISHIBASHI MASATAKA)
工藤 正子(KUDO MASAKO)
川嶋 久美子(KAWASHIMA KUMIKO)
澁谷 和樹(SHIBUYA KAZUKI) 
時間割 (Class Schedule) 通年他 (Full year Others) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) N342(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRM1003 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HA500 



授業の
目標
Course
Objectives
約2週間学部協定校に滞在し,各言語の基礎を学ぶとともに,講義等をもとに渡航先の社会・文化を異文化環境での生活体験の中で学ぶ。さらに協定校の学生との共同生活を通じて,同世代の海外学生と交流・コミュニケーション能力の向上を図る。 
Students will participate in international exchange based on inter-departmental agreement that lasts about two weeks. They will learn the basics of the language, society and culture of the destination through lectures as well as living in cross-cultural environments. Furthermore, by spending time together with the students at our partner institutions it is aimed to improve our students’ communication skills. 
授業の
内容
Course
Contents
本年度は中国語(中山大学),インドネシア語(インドネシア大学),タイ語(タマサート大学)、ベトナム語(ベトナム国家大学ハノイ・人文社会科学大学)の4コースを実施する。各コースとも研修プログラムは語学研修,社会・文化関係の講義・実習,研修旅行(日帰りを含む),協定校学生との交流行事などから構成されている。授業は協定校との相互交流のかたちで実施される。協定校での研修期間は引率教員が同行しないため履修者は自主性と責任を持った行動が求められることに留意すること。また、本科目は履修に関して、いくつかの条件が課せられる。必要事項を記載したパンフレットを配布するので、履修希望者は必ず受け取り、履修条件を理解、了承しておくこと。なお,本年度は新型肺炎感染拡大のため,現地研修はオンライン開講に変更する。これは今年度限りの対応であり,次年度以降は現地研修を予定する。 
This year, we will offer five courses in Chinese (in Zhongshan University), Indonesian (in the University of Indonesia), Thai (in Thammasat University), and Vietnamese (in Vietnam National University Hanoi-University of Humanities and Social Sciences). Each course consists of language training, lectures and practical immersion in social and cultural matters, training tours, field surveys, and exchange events with students from partner institutions. During the spring semester students from partner institutions will visit Japan and attend a two-week training course at the College of Tourism, Rikkyo University. They will be assisted by students of Rikkyo University as designated buddies. During the summer, students from Rikkyo University will take part in on-site training overseas arranged by partner institutions but unaccompanied by faculty members from Rikkyo University. Students must take responsibilities for their own safety and wellbeing. Students wishing to enroll in this course are required read and accept the terms and conditions as described in the handbook.
The part of study abroad in summer vacation will be changed to online study in Japan this year because of the pandemic of COVID-19.
 
授業計画
Course
Schedule
1. 事前研修1 
2. 事前研修2 
3. 事前研修3 
4. 事前研修4 
5. 事前研修5 
6. 事前研修6 
7. 事前研修7 
8. 事前研修8 
9. 事前研修9 
10. 現地研修1 
11. 現地研修2 
12. 現地研修3 
13. 現地研修4 
14. 現地研修5 
15. 事後研修1 
16. 事後研修2 
17. 事後研修3 
18. 事後研修4 
19. 事後研修5 
20. 事後研修6 
21. 事後研修7 
22. 事後研修8 
23. 事後研修9 
24. 事後研修10 
25. 事後研修11 
26. 事後研修12 
27. 事後研修13 
28. 事後研修14 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
派遣先の社会,経済,政治,文化状況について自主的に学習しておく姿勢が必須である。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加(60%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
備考(Notes)
研修先大学でのコース履修状況をもって評価する。
テキスト
Textbooks
テキストを使用するコースは,現地研修時に配布する。テキスト代金は参加費用に含まれる。
参考文献
Readings
各コースの事前研修で担当教員がコース毎に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
2021年度の実施については,立教時間にガイダンス資料を公開するので、確認すること。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP