シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/演習(2年)A
(Seminar (2nd year)A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 澁谷 和樹(SHIBUYA KAZUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) N332(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRM2003 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HA635 



授業の
目標
Course
Objectives
ビッグデータの基礎とその活用に関する諸議論を理解できるようになる。また、文献の講読を通じて、文献を読む能力を高める。
担当者および受講生との議論を通じてディスカッション能力を高める。 
Students will be able to understand the basic of big data and discussion about its use. In addition, through reading the literature, students will improve their literature reading comprehension ability.
Students improve their discussion abilities through discussions between the instructor and students. 
授業の
内容
Course
Contents
ビッグデータとそれに関わる文献を講読することで、ビッグデータの現状を把握するとともに、研究動向や分析視点、諸理論を学習する。
議論を通じて研究課題や新たな研究視点についての理解を深める。 
We will read with a focus on big data and related literature and grasp the current situation of big data, while at the same time studying research trends, analysis perspectives, and various theories.
Students will deepen their understanding of research issues and new research perspectives through discussion. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 文献講読1 
3. 文献講読2 
4. 文献講読3 
5. 文献講読4 
6. 文献講読5 
7. 文献講読6 
8. 文献講読7 
9. 文献講読8 
10. 文献講読9 
11. 文献講読10 
12. 文献講読11 
13. 文献講読12 
14. 秋学期調査計画 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
取り上げる文献を読み、授業の準備をする。担当する文献の概要をまとめた資料を作成する。
授業の内容を基に課題を作成する。
観光のみならず社会でのデータ活用、デジタル環境に関連するニュース報道や雑誌記事に関心を向けてください。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
議論への参加・発言(25%) 、発表(25%) 、課題(複数回)(50%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 山本龍彦  おそろしいビッグデータ   朝日新書  2017  9784022737427 
その他(Others)
参考文献
Readings
適宜授業で指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP