シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/演習(3年)A
(Seminar (3rd year)A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 澁谷 和樹(SHIBUYA KAZUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 5時限(Period 5) N332(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRM3003 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HA665 



授業の
目標
Course
Objectives
地理学的な分析手法にもとづき、訪日旅行者と訪日観光対象地を分析できるようになる。 
Based on geographical analysis, students will be able to analyze tourists to Japan and tourism destinations. 
授業の
内容
Course
Contents
土地利用や景観、場所イメージ、旅行者の移動軌跡などに対する地理学的な調査・分析手法とともに、地図表現を学習する。
訪日観光の対象地を選定し、参加型GISの視点にもとづき、学んだ地理学的調査・分析手法を応用した調査を行う。調査結果を地図に表し、レポートを作成する。 
Students will learn geographical survey methods, for example land use, landscape, place image and tourist movement. Students also learn map skils.
Based on perspectives of Participatory GIS, students select survey area. And we conduct a survey based on geographical survey and analysis methods. We express the result of survey on maps, and write a report. 
授業計画
Course
Schedule
1. 課題準備1 
2. 課題準備2 
3. 課題発表 
4. 地理学的調査手法1 
5. 地理学的調査手法2 
6. 地理学的調査手法3 
7. 地理学的調査手法4 
8. 調査計画1 
9. 調査計画2 
10. 調査計画3 
11. 結果のとりまとめ1 
12. 結果のとりまとめ2 
13. 結果のとりまとめ3 
14. 秋学期調査対象地の選定 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
取り上げる文献を読み、理解した状態で授業に臨む。
日常的に、店の形態や外観等、建物などの景観や人の様子に目を配るようにしてください。
日常的に訪日観光に関するニュースやテレビ番組、メディア記事、動画配信などをチェックし、興味・関心の幅を広げるようにしてください。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
議論への参加・発言(25%) 、発表(25%) 、課題(複数回)(50%)
テキスト
Textbooks
適宜授業で指示する。
参考文献
Readings
適宜授業で指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP