シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/卒業研究指導B
(Seminar on Graduation Research B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 野田 健太郎(NODA KENTARO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 5時限(Period 5) N433(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRM4003 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HA702 



授業の
目標
Course
Objectives
卒業論文執筆を目標に専門的な知見をいっそう高めることを目指す。 
The aim is to further increase specialist knowledge for graduation thesis writing. 
授業の
内容
Course
Contents
本授業では、実際の企業情報を多角的な観点から分析することに重点を置きつつ、各自の研究課題と研究計画に基づいて報告を行い全員で討論を行う。卒業研究指導Bでは、下記の1~14の全体を念頭に置きながら、論文執筆に向けての具体的な検討に重点を置く。 
In this class, we will focus on analyzing actual corporate information from a multi-faceted perspective, make a report based on each research topic and research plan, and will discuss with all of the participants. In Seminar on Graduation Research B, keeping items 1 to 14 below in mind, students will emphasize investigation into thesis writing itself. 
授業計画
Course
Schedule
1. 大まかなテーマの設定 
2. テーマに関係する資料の収集 
3. 研究事例の吟味 
4. 予備調査(予備研究)の実施 
5. 研究テーマ・意義の確定 
6. 先行研究の収集と再検討 
7. 研究仮説の構築、仮説構築に向けてポイントを確認 
8. 方法論の明確化 
9. データ収集方法について検討 
10. データの分析方法について検討 
11. 仮説の検証方法について検討 
12. 論文のドラフト執筆 
13. さまざまな討論 
14. 内容の深化と文章推敲 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
経済学、経営学、会計学、統計学の基礎的な文献を読むこと。各回の指摘事項を踏まえ、文献の確認等を十分に行ったうえで次回の授業に備えること。授業にあたってはレジュメ等を準備し学習効果が高まるようにつとめること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席、報告内容などによって総合的に評価する。(100%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 野田健太郎  戦略的リスクマネジメントで会社を強くする   中央経済社  2017年  ISBN978-4-502-21761-6 C3034 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 野田健太郎  事業継続計画による企業分析   中央経済社  2013年  978-4-502-08320-4 
2. 野田健太郎  ベンチャー育成論入門―起業家マインドの醸成に向けて   大学教育出版  2004年   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
初回は対面実施とし以後は履修者との相談により決定 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP