シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
HB001/観光地理学概論
(Introduction to Geography of Tourism) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 佐藤 大祐(SATO DAISUKE) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRC1100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HB001 



授業の
目標
Course
Objectives
様々な研究例を通して地理学の基本概念と研究方法を理解する。 
The purpose of this course is for students to understand the basic concepts and research methods of geography through various research examples. 
授業の
内容
Course
Contents
地域は自然環境や人間活動などが複雑に関連して成り立っている。本講義ではそうした関連性に着目して地域の成り立ちや仕組みを学ぶ。その際,地理学の様々な研究事例を取り上げることで,多様な視点やアプローチの方法,表現手法なども学ぶ。 
Natural environments and human activities exist in a complex relationship within a region. In this course, students learn about the establishment and mechanisms of regions, focusing especially on that relationship. To do that, the course covers various research cases in geography, diverse perspectives, methods of approach, and techniques of expression, etc. 
授業計画
Course
Schedule
1. 地理学の視点で科学する 
2. 身近な地域の調査-(土地利用調査と定点観測) 
3. 生物多様性と環境保全 
4. 地域生態(里山における人と自然) 
5. 場所イメージ①(イメージの創られ方と調べ方) 
6. 場所イメージ②(ハワイイメージの国際比較:ゼミ合宿調査の紹介) 
7. 機能地域(集客圏と客層) 
8. 構築主義と地域 
9. 文化伝播①(伝播とその調べ方) 
10. 文化伝播②(文化層序と観光) 
11. 文化圏(言葉と信仰の広がりとその調べ方) 
12. 文化景観(伝統的景観の創造) 
13. スマートツーリズムと参与観察 
14. 聞き取り調査とアンケート調査の実際 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
受講生は授業内で適宜指示された予習/復習を授業時間外に実施する。また,受講生は授業内で学ぶフィールドでの実践(調査方法)とその分析方法を用いて,授業時間外に現地調査を自ら実施し,景観写真読解の課題を作成する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
予習/復習(20%) 、景観写真読解の課題(40%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業中に適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP