シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
HB005/観光文学概論
(Introduction to Tourism Literature) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 石橋 正孝(ISHIBASHI MASATAKA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRC1400 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HB005 



授業の
目標
Course
Objectives
文学研究の技法を観光研究にいかに応用すべきかを学ぶ. 
The purpose of this course is for students to learn how to apply theories of literary study to analysis of tourism. 
授業の
内容
Course
Contents
文学研究の観点から見て興味深い観光学のトピックを取り上げ,関連する文学作品の読解する. 
This course examines various topics of tourism study interesting from the perspective of literary research; students read literary works relevant to them. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション――「旅」の時代(古代、中世) 
2. グランドツアーに始まる――自然美の発見、遠近法から写真まで 
3. リゾート文学1(温泉保養地) 
4. リゾート文学2(海浜保養地) 
5. ヴェルヌ『八十日間世界一周』に見る「旅行」の制度化1――鉄道、ガイドブック、パスポート 
6. ヴェルヌ『八十日間世界一周』に見る「旅行」の制度化2――鉄道、ガイドブック、パスポート 
7. 非日常としての推理小説1(ポオとコナン・ドイル) 
8. 非日常としての推理小説2(アガサ・クリスティ) 
9. 非日常としての推理小説3(日本の場合) 
10. 聖地巡礼のエクリチュール 
11. 楽園幻想 
12. バックパッカーの哲学1(スティーヴンソンからチャトウィンまで) 
13. バックパッカーの哲学2(日本の場合) 
14. 死者とのコミュニケーション――ダークツーリズム 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
ヴェルヌ『八十日間世界一周』(岩波文庫) に目を通しておくことが望ましい. 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、中間レポート(30%) 、出席・授業への取り組み(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP