シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/基礎演習
(Seminar (1st year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 千住 一(SENJU HAJIME) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) N432(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRM1000 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2020年度以降入学者対象 
テキスト用コード (Text Code) HB032 



授業の
目標
Course
Objectives
観光学部において主体的に学ぶこと,研究することの基礎を培う。 
Students are expected to acquire knowledge and technique, which are the foundation of independent learning and research at College of Tourism. 
授業の
内容
Course
Contents
プレゼンテーションやディスカッションなどを通して主体性を身に付け,コミュニケーション能力を高める。また,レポート作成を通じて学問的関心を明確化する。以上の作業を通して,必修科目「観光学概論」で学ぶ理論やキーワード,観光現象などに対する理解を深め,習得する。同時に,クラス内でのコミュニケーションにより学生生活のスタートを円滑に進めると共に,自分の将来設計を考え,観光学部での4年間の学びの目標を定める。
なお,授業の進め方や課題などは担当教員によって異なる。
 
Through presentations and discussions, students are expected to establish their
independence and cultivate communication skills. They are expected to
clarify their academic interests by preparation of reports. Through these works, students are expected to acquire the theories and keywords learned in the required subject “Introduction to Tourism Studies” and deepen their understanding of tourism phenomena. The contents, procedures and tasks vary by class and the instructor in charge. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 観光の現在 
3. 観光行動の対象と行動 
4. 観光行動の対象と行動 
5. 観光史 
6. 観光史 
7. 観光と資源 
8. 観光と資源 
9. 観光と文化 
10. 観光と文化 
11. 観光と経済 
12. 観光と経済 
13. 観光と地域社会 
14. 観光と地域社会 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要に応じて担当教員が指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への出席や貢献度,リアクションペーパーやレポート,課題の達成度などにより評価する(100%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 前田 勇編著  新現代観光総論 第3版   学文社  2019  9784762029172 
その他(Others)
参考文献
Readings
授業で指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP