シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
HB108/観光文学2(SF)
(Tourism Literature 2 (Science Fiction)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
空想旅行の系譜学 
担当者 (Instructor) 石橋 正孝(ISHIBASHI MASATAKA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRC2400 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) HB108 



授業の
目標
Course
Objectives
古今東西の「空想旅行記」のうち,特に十九世紀ヨーロッパが生み出した作品を取り上げ,その読解を通じて西欧的な旅の根底に潜む欲望を分析する。 
Among the “fantasy travel journals” of all times and places, this course highlights works created in 19th-century Europe and, through the readings, analyzes the underlying desires of the western journey. 
授業の
内容
Course
Contents
十九世紀ヨーロッパは「空想」と「現実」の緊張関係が頂点に達した時代に当たり,多くの優れた空想旅行記が書かれている。その代表作をなるべく多く紹介し,時代背景と密接に関連させながら,内容を解説する。物語構造を正確に把握し,細部に込められた意味を解明するだけではなく,関連図版によって理解を深める。旅は,人が世界を「知る」ための特権的な手段であると同時に形式でもある。そこで問われている「世界に関する知」の性質が,テクノロジーの発展と脱宗教化を背景に「旅」が「観光」となった「近代」において,いかなる変容を遂げたのか。講義全体を通して,「近代」を形成したヨーロッパ的な世界認識の特徴を,それ以前の文化の世界認識との比較によって把握したい。 
Nineteenth-century Europe reached a period of climactic tension between “fantasy” and “reality,”during which many excellent fantasy travelogues were written. Introducing as many representative works as possible, the course explains the contents in close relation to the historical background. The course aims for students to understand accurately the narrative structure, clarify meaning embedded in the details, and deepen their understanding with related drawings. Travel is a privileged means and way of "knowing” the world. So what kind of transformation has occurred in the nature of "knowledge of the world" that has been questioned in “modernity” where “travel” becomes “tourism," against the background of technological development and secularization? This course attempts to grasp characteristics of the European worldview that has formed "modernity" through comparison with worldviews of earlier cultures. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション――空想旅行の系譜学 
2. 古代の空想旅行記の復活と中世の騎士物語の変容――天動説から地動説へ 
3. ユートピアとその地理学 
4. ロビンソン譚の系譜――島をめぐる想像力 
5. 極地の冒険1 
6. 極地の冒険2 
7. 極地の冒険3 
8. 地底の冒険1 
9. 地底の冒険2 
10. 地底の冒険3 
11. 童話と秘境探検もの――異世界と死 
12. 月世界旅行1 
13. 月世界旅行2 
14. アンチユートピア 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
谷川渥『幻想の地誌学』に目を通しておくことが望ましい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、中間レポート(30%) 、出席・授業への取り組み(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. ウンベルト・エーコ  異世界の書   東洋書林  2015  4887218214 
2. ウンベルト・エーコ  ウンベルト・エーコ 小説の森散策   岩波書店  2013  4003271815 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP