シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
HB370/国際観光と地域交流
(International Tourism and Regional Exchange) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 澁谷 和樹(SHIBUYA KAZUKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRC3500 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2019年度以前入学者対象 
テキスト用コード (Text Code) HB370 



授業の
目標
Course
Objectives
訪日観光の動向を理解し、地域における受入の課題を説明できるようになる。 
Understanding the trends in tourism to Japan, students will be able to explain problems about accepting international tourist in Japan. 
授業の
内容
Course
Contents
訪日外客数が急増する日本において、訪日外国人旅行者を受け入れる地域は、地域振興・国際交流の一環として旅行者を誘致するだけでなく、受入体制の整備が求められている。
本授業では、政策、観光者、地域の視点から訪日観光の動向と受入態勢を取り扱う。まず政策に関しては、日本の国際観光の展開と近年の政策動向を、観光者については統計資料や観光者類型から訪日外国人旅行者の動向を説明する。
地域の視点からは、地域の国際化政策や、訪日教育旅行、人材育成、宿泊施設といった訪日観光の場面やそれを支える体制づくりの現状と課題を扱う。以上に加えて、言語対応やICT環境の整備の効果と課題について検討する。 
In Japan, the number of foriegn tourist is increasing rapidly. Many tourim destinations need not only to attract international tourists but also to make preparations to receive them.
In this class, students will learn trends of tourism to Japan and reveiving system for it from a perspective of tourism policy, tourist, region. First, in terms of tourism policy, we will cover the history of international tourism in Japan and current situation. In terms of tourists, students will discuss trends of international tourist to Japan by analyzing tourism statistics and applying tourist typolygy.
Next, we will cover the current situation and issues relating to the creation of a system that supports regional exchange, such as internationalization policy in areas, educational travels to Japan, human resources development, and accommodation facilities. Furthermore, students will consider the effect and issues about multilingualization and ICT service. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 日本における国際観光の展開 
3. 近年の観光政策と訪日外国人旅行者の受入 
4. 訪日外国人旅行者の動向 
5. 観光者の類型と観光地との関わり 
6. 自治体の国際化政策 
7. 訪日教育旅行の受入 
8. 学校教育における人材育成 
9. 宿泊施設と地域との関わり 
10. 対人場面での多言語対応 
11. 標識等での多言語対応 
12. 国際観光とICT 
13. 国際観光と地域の変化 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
国際観光に関連するニュース報道、メディア情報などに関心を向けてください。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
リアクションペーパー(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
適宜授業で指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業中にグループディスカッションまたはグループワークを行い、それらを踏まえたリアクションペーパーの提出を求める予定である。発話可能な環境で受講してください。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP